FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

海の意識調査

日本財団の
 「海と日本に関する意識調査」によると
 ・現在地域に3年以上居住で、単身赴任者除く
  全国15~69歳男女1万1600人、男性5609人、女性5991人
  10代(15~19歳)2200人、20~60代9400人(各都道府県200人)
 ・インターネット調査2017年4月28日~5月19日

☆海が好き
・好きだ 51.8%
・どちらともいえない 29.2%
・あてはまらない 19.0%

☆海に親しみを感じる
・感じる 34.8%
・どちらともいえない 34.5%
・あてはまらない 30.7%

☆小学生の頃、海にいった頻度
・日常的に良く行った   8.7%
・年10日以上  10.0%
・年5~9日   7.9%
・年2~4日  22.1%
・年1日  23.5%
・6年間で数日  21.0%
・6年間一度も行っていない 6.7%

☆現在、海水浴に行っている
・行っている  11.4%
  10代10.9%、20代14.2%、30代17.0%
  40代13.1%、50代6.9%、60代6.1%
・行きたいが行けていない 20.9%
・行っていない  67.8%

★子供が小学生頃に家族で行く

☆海に入ることが好き
・好き 24.7%
・どちらともいえない 33.8%
・あてはまらない 41.5%

☆海への絆度(愛着度)、都道府県ランク
・関連5設問をスコア化
1.沖縄
2.宮崎
3.熊本

45.群馬
46.石川
47.岐阜

★能登半島のある石川が46位!?
 海はきれいそうだが、都市住民がプール派か。

☆海への関係性(体験)、都道府県ランク
・関連5設問をスコア化
1.沖縄
2.栃木
3.和歌山

45.新潟
46.静岡
47.石川

★海のない栃木が2位。能登の石川が最下位。
 サンプス数不足か?

※日本財団は「子どもの頃、海と接する機会が低下したため」とした。

★プールの方が気軽で安全ではあるが。

航空会社の定時到着率、2016年

米FlightStatsの
 「2016年航空会社の定時到着率、
  8th Annual On-time Performance Service Awards」によると
 ・定刻から遅延15分未満到着便の率

☆主要航空会社、有効座席マイル上位150社
1.イベリア航空(スペイン) 87.79%
2.JAL 87.33%
3.デルタ航空 86.69%
4.KLMオランダ航空 86.56%
5.カタール航空 86.34%
6.オーストリア航空 85.69%
7.シンガポール航空
8.ANA
9.TAM Linhas Aereas(ブラジル)
10.カンタス航空

★僅差だけれど。

☆ローコスト航空会社
1.イベリア・エクスプレス 89.64%
  イベリア航空(スペイン)の子会社
2.エア・バルティック(ラトビア国営) 88.68%
3.ソラシドエア(元スカイネット) 85.90%
4.エア・ドゥ 83.38%

★イベリアすごい!

プロが選ぶ日本のホテル旅館

旅行新聞新社の
 「プロが選ぶ日本のホテル旅館100選・2017年」によると
 ・全国の旅行会社関係者らが投票
  もてなし、料理、施設、企画の4部門

☆日本のホテル旅館100選、総合トップ10
1.八幡屋・母畑温泉(福島)
2.白玉の湯泉慶・華鳳・月岡温泉(新潟)
3.加賀屋・和倉温泉(石川)、昨年まで36年連続1位
  もてなし1位、料理6位、施設2位、企画4位
4.稲取銀水荘・稲取温泉(静岡)
5.草津白根観光ホテル櫻井・草津温泉(群馬)

6.日本の宿古窯・かみのやま温泉(山形)
7.水明館・下呂温泉(岐阜)
8.いぶすき秀水園・指宿温泉(鹿児島)
9.ホテル鐘山苑・富士山温泉(山梨)
10.指宿白水館・指宿温泉(鹿児島)

★36年連続1位はものすごいが、少し不自然

世界で最も魅力的な都市

米旅行誌コンデナスト・トラベラーの
 「世界で最も魅力的な都市」によると
 ・発行81万部、読者投票10万票以上、米国以外の都市対象
 ・読者平均世帯年収は約10.9万ドル(1100万円)の富裕層

☆世界で最も魅力的な都市
1.東京(前年15位)、
2.京都(同9位)
3.フィレンツェ(前年1位)
4.ルツェルン(スイス)
5.サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
6.バンクーバー
7.ヴィクトリア(カナダ)
8.ザルツブルグ
9.バルセロナ
10.ウィーン

11.パリ
12.シドニー
13.ロンドン
14.メルボルン
15.ローマ

16.シンガポール
17.テルアヴィブ
18.ケベック・シティ
19.ニュルンベルグ
20.ヴェニス

※別の米旅行誌トラベル+レジャー(発行93万部)の読者投票
 人気観光都市でも京都が14年、15年と2年連続トップ。16年は6位。

★米は、読者の平均年収が公開されている!

意味を知って驚く山用語

gooの
 「意味を知って驚く山用語」によると
 ・gooモニター830人
 ・08月01~10日

☆意味を知って驚く山用語
1.お花摘み 110票、女性が山で用を足すこと。お花を摘む姿勢に似てる
2.アルバイト 96票、高度・距離をかせぐきつい登り。
  道を間違え無駄に労力を大量に消耗したときも。
2.おろく 96票、山で遭難した遺体。
4.キジ撃ち 69票、男性が山で用を足すこと。猟師がキジを撃つ姿に似ている
  男女共通で大を大キジ、小を小キジとする場合も。
5.武器 68票、箸・スプーン・フォークなど。食事は命に係わるので。
6.二股 31票、2つの沢が合流する地点、出合と同意。
7.蟻の門渡り 29票、幅が狭く左右が崖になった尾根。
8.早立ち 24票、朝早くに宿泊地を出発すること。皆早立ちするが。
9.シャリばて 22票、ご飯(シャリ)が足らずに、ばてること。
10.バカ尾根 21票、単調で疲れるだけの長い尾根道。

★登山が高齢者と女性に人気。

 50年位前、登山はメジャーな趣味で、
 歌声喫茶!でも山の歌がたくさん歌われました。