FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

クジラ激突は米軍の強力ソナーが原因か

クジラ激突は米軍の強力ソナーが原因か
 佐多岬の高速船衝突事故、玄界灘の4回の日韓高速船事故、
九十九里浜のイルカ打ち上げなどの原因は
米海軍の対潜音波探知機がクジラ類の内耳に
損傷を与えた可能性が高い。
 海洋生物以外も可能性という会見があったが、
潜水艦や流木の可能性はごく低く、情報操作かのもしれない。

 日本近海の中国の潜水艦活動を米海軍が哨戒しているが、
スクリュー音の小さくなった潜水艦対策で、
ロケット打ち上げ時相当の215~240デシベルという超大音響の低周波音で位置を探っている。
クジラやイルカなどがコミュニケーションに使う周波数に近く、
大音響のため、米自然保護団体などは
実験や配備中止の訴訟を起こしている。

 人間には聞こえにくい300ヘルツ付近の音だが、
クジラには何百キロ離れたところでも
140デシベルというヘビーメタコンサートなみの騒々しさになるらしく、
00年バハマ諸島のソナー演習で、数時間のうちに確認されただけで
16頭のクジラと2頭のイルカが海岸に打ち上げられ、
8頭のクジラが死に、脳と耳の骨周辺に出血があり、
大音量にさらされた損傷と一致した。

 クジラは110デシベルを超える音にストレスを感じ、
180デシベルで鼓膜が破れる可能性があるようだ。

 米海軍は沿岸から12海里(22キロ)以内と生物学的重要海域で
ソナー常時使用を禁止しているという。

 琉球新報(2003.10.13)によると、

潜水艦探知に使われる次世代の新型低周波ソナー
(音波探知機)について、
米海軍は、世界の海の中で、日本周辺に限って使用する条件で米環境
護団体と合意。14日発効。使用が認められるのは
東西は東経153度付近から中国・海南島沖まで、
南北は北朝鮮・清津沖から北緯10度付近までの
太平洋、日本海、東シナ海、南シナ海の日本を包み込むような海域。
同ソナーが搭載されているのは米海軍音響調査船「コリーシュエスト」(海上輸送部隊所属、母港・ハワイ州パールハーバー、1,597トン)。
那覇軍港には、8日から15日までの8日間、米海軍海上輸送部隊(MSC)所属の潜水艦で情報収集を任務とする測量艦3隻が相次いで寄港。
同ソナー(LFA)搭載の音響測量艦コリーシュエスト(1,597トン)が
10月8日から11日にかけて寄港。
勝連町のホワイトビーチにも寄港。
このほか測量艦ボウディッチ(4,762トン)が10日に寄港し、
音響測量艦エフェクティブ(3,396トン)も15日から寄港。
米海軍は9月28日から10月8日まで、海上自衛隊と沖縄周辺海域で日米合同対潜水艦特別訓練を実施、
エフェクティブとコリーシュエスト、ホワイトビーチに寄港した
攻撃型原子力潜水艦サンフランシスコとオリンピアが参加。
このほか同時期にホワイトビーチに原潜サンタフェとヘレナ、那覇軍港寄港の測量艦ボウディッチ寄港。



★幹線道路や飛行場で70デシベル、電車のガード下で100デシベル、
飛行機のエンジン近くで120デシベル位なんだけど、
200デシベル以上の音って何?!
中国軍と米軍が日本近海で暗躍し、クジラさん達が犠牲に。

中国政府は警告しても潜水艦に領海侵犯させるし、
米のインチキ環境団体は日本近海でのソナー使用を認めるし、
なんだかなあ。

★ソナーの公式サイト http://www.surtass-lfa-eis.com/

では、1m先200デシベル、100m先160デシベル、
1km先140デシベルとしている。
仮に信用できるとしても、
1km先でヘビメタコンサートなみというのは問題ですね。



★流木の可能性が強まった。
通常の流木でなく、近くでパナマ船籍の木材運搬船が沈没し、
最大長さ20m、直径1.5mの丸太1500本が漂流していた。
事故直前も現場周辺で漂流しており、
佐多岬海岸に30~40本の大量の流木が漂着していた。



★米海洋大気局(NOAA)が鯨迷走でソナーに言及
 06年4月27日、米海洋大気局(NOAA)は、断定的ではないとしながらも、04年7月3日の鯨の迷走原因を自衛隊も参加して行われた環太平洋合同演習(リムパック)で使われた
音波探知機(ソナー)が引き起こしたと考えるのが妥当と発表した。
 150頭の鯨がハワイ州カウアイ島ハナレイ湾に迷い込んで出られなくなり、鯨の群れは地元住民らの先導などで湾外に逃れたが、1頭の子鯨が死んでいるのが見つかったもの。子鯨を解剖した結果、死因は栄養不足とストレスと確認され、鯨の方向感覚を狂わす病気などは見つからなかった。

★ザンジバル島でたくさんのイルカが迷走死
 06年4月28日、アフリカ東部タンザニアのインド洋にあるザンジバル島北部でイルカ200-400頭が浜辺約4キロにわたって乗り上げ、死んでいるのが見つかった。死因不明。イルカの胃袋は空っぽで、毒物とは関係なく、方向感覚を失っていた可能性がある。

コメント

ありがとうございます

Youko様。ご利用いただき、ありがとうございます。
生活変化の一種のデータベースとして、作っていますが、
何か参考になれば幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。

  • 2006/04/17(月) 07:35:34 |
  • URL |
  • jiji #-
  • [ 編集 ]

はじめまして。
いつも興味深いテーマのアンケートをすっきり読みやすくまとめられていて、海外在住の人にとっても大変参考になる情報サイトだと思います。このようなサイトは貴重です。
今後も拝見するのを楽しみにしております。

  • 2006/04/17(月) 02:28:53 |
  • URL |
  • Youko #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/688-e6d5a6ef