fc2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

コロナの株種

米疾病対策センターCDCの
 ・10月15日までの1週間に発症したコロナ患者の株種の推計

☆コロナ患者の株種推計
・BQ.1 5.7%、現在主流オミクロンBA.5の派生型
・BQ.1.1 5.7%、現在主流オミクロンBA.5の派生型
・BF.7 5.3%、現在主流オミクロンBA.5の派生型

・BA.5 67.9%、従来型

※BQ1.1(ケルベロス)が主流になる可能性が高い

 オミクロン対応ワクチン接種を呼びかけているが、
 同ワクチン接種1480万人と、接種可能な人口の6.9%

 13日新規感染者数(7日移動平均)は約4万人と、
 1月ピーク時81万人から大幅減だが、実際感染者数は
 さらに多い可能性がある。

※CDCは、10月8日までの週で、米国内全体感染で
オミクロン変異株派生型BA.4.6が13.6%と増え、
BA.5が79.2%を占め、主流としていた。


※日本の厚労省は接種会場にBA.5対応ワクチンが配送された際、
今年初めの第6波のBA.1対応ワクチンが残っている場合、
有効期限順に使うべきとし、又、効果に大きな差はないので、
住民予約時にBA.1対応ワクチンか、BA.5対応ワクチンかは
明示する必要はないとしている。

オミクロン株対応ワクチン接種対象は、ワクチン2回目を終えた
12歳以上のすべての人で、前回接種から5か月以上経過していること。

★日本はBA.5対応ワクチンが始まったばかりだが、
 既に、BQ.1.1型流行のきざしと。
 壮大な茶番・詐欺か。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4802-7b6fdc73