FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

上場企業・平均勤続年数ランキング

プレジデントオンラインの
 「全上場企業・平均勤続年数ランキング(2019年版)」によると
 ・調査対象2846社、従業員数100人以上の企業
 ・直近年次決算期の有価証券報告書

☆平均勤続年数・上位企業
  勤続年数 平均年齢 従業員数
1.三菱製紙 25.4年 46.7歳  650人
2.平河ヒューテック 25.3年 46.4歳  359人
2.東武鉄道 25.3年 46.6歳、 3510人
4.桂川電機 25.0年 50.2歳  142人
5.KNT-CTHD 24.9年 48.5歳  255人、サービス業
6.リーガル 24.7年 47.6歳  210人、靴製造販売
7.富士通フロンテック 24.4年 46.6歳 1709人
8.キャノンマ-ケティング 24.3年 47.8歳  5368人
9.佐田建設 24.1年 46.3歳  368人
9.松尾電機 24.1年 46.4歳  264人
9.本田技研工業 24.1年 45.6歳 2万2675人

★ホンダ10位、前社長のトヨタ化方針で、
 若手技術者が大量離脱も、F1巻き返しで希望が。
 大ヒットNBOXは、前回F1担当者らによる!


☆平均勤続年数・下位企業
  勤続年数 平均年齢 従業員数
1.マイネット 0.8年 33.2歳 376人
2.INEST 1.3年 30.6歳 119人
3.GAtechnologies 1.4年 29.6歳 210人
4.シェアリングテクノロジー 1.5年 29.3歳 176人
4.UUUM 1.5年 30.0歳 382人
4.メルカリ 1.5年 31.9歳 1178人
4.カオナビ 1.5年 34.3歳 111人
8.NATTY SWANKY 1.6年 28.1歳 175人
9.マネーフォワード 1.7年 33.2歳 304人
10.ラクスル 1.8年 32.8歳 180人
10.アドベンチャー 1.8年 33.4歳 102人
10.Gunosy 1.8年 30.5歳 170人

★下位はほとんどITや通信関連で、転職者が中心。

 ワースト上位企業やIT関連企業トップの思考は、
 米企業に近く、自社利益がぶっちぎりの最大価値で、
 日本を除けば、普通のことではあるが...

 日本企業の三方良し(自社・客・社会)精神は皆無。


☆トップとワーストの平均勤続年数と平均年収
勤続年数 平均年収
・トップ300社平均 20.6年  678万円
・全平均 15.5年  615万円
・ワースト300社平均 3.8年  545万円

★年齢を考慮すると給与の差はほぼ無い。


※伊仏独などは日本に近いが、大違いなのは米と韓で

勤続年数1年未満 10年以上
 米国   28.9% 10.3%
 韓国   31.5% 21.1%
 日本    8.0% 44.5%

 米国は何度も転職するのが普通

 韓国は大企業の多くが45歳定年、
 中小企業給与は大企業の6掛。

 日本は終身雇用ではないものの、労使の関係が深い。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4619-99ea12fc