FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17年の交通事故、死傷者数

政府の「2018年版・交通安全白書」によると

☆17年の交通事故・死者数(24時間以内)
・3694人、5.4%減、1948年現行統計以降最少
  うち65歳以上が54.7%で、6年連続で過半数

☆同・状態別死者割合
1.歩行中 36.5%
2.自動車乗車中 33.1%
3.自転車乗車中 13.0%
4.自動二輪運転中 12.1%

※いずれも減少傾向だが、毎日10人死亡。
 自動二輪車乗車中は余り減っていない

★車への関心が薄れ、乱暴運転が全体では減少。

 業界は自動運転の前に、歩行者や自転車接近時ブレーキを。


☆17年の交通事故・負傷者
・58万0850人、6.1%減

☆同・状態別負傷者割合
1.自動車乗車中 65.3%
2.自転車乗用中 15.3%
3.歩行中 8.8%
4.原付乗車中 5.2%
5.自動二輪運転中 5.2%


☆年齢層別・交通事故・死者数、負傷者数
《年齢層別・人口10万人当》
1.80歳以上 8.6人
2.70代 5.6人
3.60代 3.1人

※60歳以上で死者の61%

☆75歳以上高齢運転者の死亡事故(418件)原因
・運転操作の誤り 31%、(75歳未満16%のほぼ倍)
  うちブレーキとアクセルの踏み間違い6.2%(75歳未で0.8%)

☆シートベルト着用の有無別死者数、致死率(死者÷死傷者)
・非着用 520人、致死率2.78%
・着用 654人、致死率0.18%

★高齢者の免許更新を1年毎にし、
 テストも認知症だけでなく、反射動作速度も加えるべき。

 あるいはマニュアル車限定にするのは?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4484-a52660ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。