最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミザリー(悲惨)指数、66カ国・地域

ブルームバーグの
 「ミザリー(悲惨)指数、2018年」によると
 ・66カ国・地域対象、インフレと失業の見通しを基に算出
 ※低インフレで失業が少なければ暮らしが快適という考え、
  低数値が誤って解釈される可能性があり、注意が必要

☆最も惨めな国
1.ベネズエラ 4年連続首位、1872点
  唯一の4桁、17年の3倍余り
  IMF推計で17年のインフレ2400%、18年同1万3千%!!

2.南アフリカ 33.1点
3.アルゼンチン 27.1
4.エジプト 26.4、前年2位
5.ギリシャ 20.6
5.トルコ 20.6

7.ウクライナ 17.8、前年5位
8.スペイン 17.3.8
9.ブラジル 15.8
10.サウジアラビア、15.4、前年14位

50.中国 6.3点

56.デンマーク 5.7
56.香港 5.7
58.ノルウェー 5.6
58.韓国 5.6
60.アイスランド 5.3
61.イスラエル 5.2

62.台湾 4.9点
63.日本 3.6
63.スイス 3.6
65.シンガポール 3.2
66.タイ 2.5点、同国失業データは独自計算

★悲惨というなら、犯罪率、医師・病院の人数比、幼児死亡率
 収賄など腐敗、ジニ係数なども加味すべきのような。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4460-7eeb1d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。