最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

MLB選手の総合指標WAR、歴代、現役、日本人選手

MLBの指標「WAR(Wins Above Replacement)」によると、
 ・打撃、守備、走塁、投球の総合評価で、同ポジションの
  代替可能選手より、どれだけ勝利数を上積みしたか

☆日本人選手のWAR
1.イチロー  59.9、現役
2.野茂英雄  21.8
3.黒田博樹  21.7
4.松井秀喜  21.3
5.岩隈久志  16.5、現役

6.ダルビッシュ有  15.8、現役
7.上原浩治  13.6、日本復帰
8.大家友和  11.9、現役
9.田中将大  11.7、現役
10.長谷川滋利 11.6

★MLBで大きなインパクトを残した日本人は野茂とイチロー

 ESPNによるMLB専門記者、アナリスト、関係者ら40人の
 投票によるMLB今季最高選手選出企画で、4月中旬時点の
 WAR予想で、大谷は3.7でメジャー52位
 日本人最上位はダルビッシュの3.9で43位

 大活躍で話題の二刀流(2WAY)大谷は、
 100年前のベイブ・ルースにどこまで近づけるか。

※MLBの歴代上位と現役上位
《歴代上位》
1.ベイブ・ルース、22年間 182.5
2.サイ・ヤング、22年 168.0
3.ウォルター・ジョンソン、21年 165.2
4.バリー・ボンズ、22年 162.8
5.ウイリー・メイズ、22年 156.4

《現役上位》
32.ブホルス 99.6
41.ベルトレ 93.8
112.M・カブレラ 68.6
126.カノー 66.7
134.アートレイ 65.9
168.カーショー 61.2
172.グレンキー 60.9
176.サバシア 60.4

★イチローでさえ、ベイブ・ルースの3掛け。
 最初からMLBなら違っただろうが、
 その打率はNPB9年が353、MLB17年が311と、4分2厘マイナス。

 あの青木も、NPB8年の329が、MLB6年で285と3割打てず、
 4分4厘マイナス。

 日本人トッププレイヤーがMLBに行くと、
 打者は打率が4分下がり、投手は防御率が1点上がる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4454-c050f99d