最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の逆走、高齢者率、認知症判定数、高齢者死亡事故率

警察庁の
 「15年高速道路の逆走、高齢者率、認知症判定数」等によると

☆全国の高速道路で、15年に起きた逆走
・283件

☆うち、75歳以上ドライバー
・122件(43.1%)

☆うち、運転免許更新時認知機能検査で認知症や
 認知機能の低下のおそれがあると判定された人
・77件(63.1%)

☆昨年、75才以上で免許更新で認知機能検査を受けた人
・163万人

☆うち、認知症のおそれ判定の人
・5.4万人(3.3%)

☆うち、医師の診断を受けた人
・1650人(3.1%)、

★判定されても、97%5.2万人の高齢者がシカト!!

☆うち、免許停止・取り消しになった人
・565人(34.2%)

★潜在的に、認知症の1万7千人が運転を続けている!



※来年3月改正道交法では、認知症のおそれ判定の人は
 医師の診断が義務付け。
 認知症だと免許の停止・取り消し


★認知症は法改正で改善するが、1年毎の検査が必要。

 加齢で、瞬間的な判断や行動は確実に遅れる。
 認知機能検査に加え、判断と動作の俊敏テストも加えるべき。


※警察庁の平成28年上半期の交通死亡事故の特徴によると
 原付以上運転者の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故
・85歳以上 10.14(平成21年14.18)
・80~84歳 4.79
・75~79歳 3.41
・70~74歳 2.04
・65~69歳 1.84

・平均 1.93

・35~39歳 1.18
・16~19歳 6.67

★85才はアウトですな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4358-3956a500
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。