最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

OECD、ジニ係数、子供の貧困率

経済協力開発機構OECDの
 「所得格差情報」によると
 ・14年時点数値、16年11月発表

☆ジニ係数
 0に近いほど所得格差が小さく、1に近いほど大きい

・OECD平均 14年0.318、10年0.315
1.チリ 0.465
2.メキシコ 0.459
3.アメリカ 0.394
4.トルコ 0.393
5.イスラエル 0.365

7.英国 0.358

15.日本 0.330
16.イタリア 0.325
19.韓国 0.302
21.スイス 0.295
22.フランス 0.294
23.ドイツ 0.292

30.ベルギー 0.268
31.チェコ 0.262
32.フィンランド 0.257

☆子どもの貧困率
(可処分所得中央値の50%未満世帯に属する18歳未満人口の割合)

1.トルコ 25.3%
2.イスラエル 24.3%
3.スペイン 23.4%
4.チリ 22.5%
5.アメリカ 20.2%

9.イタリア 17.7%
10.カナダ 16.5%
11.日本 16.3%

22.フランス 11.3%
26.英国 9.9%
27.ドイツ 9.8%

30.スイス 7.1%
31.韓国 7.1%
32.ノルウェー 6.8%

★中央値の半分、概ね下から4分の1以下、その国内で。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4356-fbbe0b2b