最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

MLB2016年・先発投手ランキング

米スポーツ専門ニュースサイト「ブリーチャーズ・レポート」の
 「MLB2016年・先発投手ランキング」によると
 ・MLB今季15試合以上先発投手
 ・コントロール30点、奪三振率25点、被打率25点、仕事量20点
  計100点満点で評価

☆MLB2016シーズン、先発投手ランキング
1.マックス・シャーザー(ナショナルズ) 89
  228イニング、20勝7敗、防御率2.96、284奪三振。奪三振と仕事量で満点
2.クレイトン・カーショー(ドジャース) 86
3.ノア・シンダガード(メッツ) 86
4.カイル・ヘンドリックス(カブス) 85
5.ジャスティン・バーランダー(タイガース) 84

6.コレイ・クルーバー(インディアンズ) 83
7.クリス・セール(ホワイトソックス 82
8.マジソン・バムガーナー(ジャイアンツ) 80
9.ホセ・フェルナンデス(マーリンズ) 80、事故で急逝
10.ジョン・レスター(カブス) 80

14.田中将大(ヤンキース) 78
  14勝4敗、防御率3.07はリーグ3位、199.3イニング、仕事量20点中19点

16.前田健太(ドジャース) 76
  16勝11敗、防御率3.48

44.岩隈久志(マリナーズ)
  16勝12敗、199イニング、防御率は自己ワーストの4.12
  コントロールが30点満点中27点、仕事量20点満点中18点。

57.ダルビッシュ有(レンジャーズ)
  5月に右肘靭帯再建手術から復帰も一時に故障者リスト入り
  7勝5敗、防御率3.41、奪三振(奪三振率11.5)が25点満点中19点

★17年はトップ10に日本人2人、3人?

※同ブリーチャーズ・レポート15年発表のMLB21世紀最高の選手は
1.プホルス
2.ミゲル・カブレラ
3.イチロー
4.ジーター
5.アレックス・ロドリゲス

6.ハラデー
7.オルティーズ
8.ボンズ
9.マニー・ラミレス
10.カーショウ

★イチローは日々のトレーニングも若手の手本。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4338-a548760d