最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英、ユーロ離脱に関する世論調査

英国の
 「ユーロ離脱に関する世論調査」によると
 ・英国人対象
 ・6月23日国民投票
 ・残留派がキャメロン首相など、離脱派がゴーブ司法相など

☆ユーロ離脱に関する世論調査
  離脱  残留 分からない
・Yougov  45%  41%  11% ネット3495人、6/1~3
・Opinium  43%  41%  14% ネット2007人、5/31~6/03
・Yougov  41%  41%  13% ネット1735人、5/30,31
・ICM    42%  45%  15% 電話1004人、5/27~29
・ICM    44%  47%   9% ネット2052人、5/27~29
・CRB   51%  46%   3%、電話800人、5/25~29

★離脱派が増え続け、現在拮抗。

 一番の問題は移民難民増。雇用や生活が脅かされ、
 住宅・医療・教育など公的サービスの財政負担が増える。

 地域により難民・移民の流入率や人数に差がある

 スコットランドや北アイルランドなど北部は残留派が多く、
 イングランドが離脱やや優勢で、他は拮抗。

※14年の移民、1.インド4.5万人、2.中国3.9万人、3.ルーマニア3.4万人
 EU加盟国からの移民よりEU以外からの移民が多い

★中国や北朝鮮の内乱で、もし日本への難民が増えると、
 人道的対応はもちろん行うが、定住者が増えると、
 社会ルールやマナー問題で各地で混乱が起きる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4266-f2b94d60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。