最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室効果ガス排出量・2014年度

環境省の
 「2014年度の温室効果ガス排出量(確報)」によると

☆2014年度の温室効果ガス排出量(CO2換算)
・13億6400万トン、3.1%減、1990年度比7.3%増
  電力消費減、再生可能エネルギー拡大、火力発電の燃料転換・高効率化等

※京都議定書に基づく2014年度吸収源活動の吸収量、5790万トン、
(森林吸収源対策4990万トン、農地管理・牧草地管理・都市緑化活動800万トン)

☆各部門のエネルギー起源二酸化炭素(CO2)排出量
・工場等産業 4億2600万トン、1.4%減、1990年度比15.1%減
・自動車等運輸 2億1700万トン、3.4%減、1990年度比 5.6%増
・商業、サービス等 2億6100万トン、6.2%減、1990年度比90.5%増、05年比9.2%増
・家庭 1億9200万トン、4.8%減、1990年度比46.6%増、05年比1.1%増
・発電所等エネルギー   9370万トン、5.3%減、1990年度比 2.9%増

★90年比では、店や家庭が大幅増。

☆メタン(CH4)(CO2換算)
・3550万トン、1.6%減、1990年比26.7%減

☆一酸化二窒素(N2O)(CO2換算)
・2080万トン、2.9%減、1990年比32.5%減

☆代替フロン等4ガス(CO2換算)
・4200万トン、8.3%増、1990年比18.6%増

★原発は廃棄物処分が無理、日本の地盤にも無理。

 ロシアからガスを買い、北方領土返還が望ましい。

 日本海のメタンハイドレード開発も進めて。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4243-216086dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。