最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB、打席から一塁までの平均タイム、イチロー5位

大リーグ公式サイト・スタットキャストの
 「打席から一塁までの平均タイム」によると
 ・一塁まで全力疾走したプレーが3度以上あった選手対象

☆打席から一塁までの平均タイム
1.ビリー・バーンズ(アスレチックス) 3秒85
2.ディー・ゴードン(マーリンズ) 3秒91、昨季盗塁王58盗塁
3.ビリー・ハミルトン(レッズ) 3秒95
4.デライノ・デシールズ(レンジャーズ) 3秒96、父も通算463盗塁
5.イチロー(マーリンズ) 3秒98、41才!
5.ホセ・アルトゥーベ(アストロズ) 3秒98、身長165cm


397.ビリー・バトラー(アスレチックス) 4秒95、年俸1千万ドル
397.カート・カサリ(レイズ) 4秒95

★41才イチローの5位はMLBの話題に。

☆2015シーズンプレー中、21mph以上(時速33.8キロ)に達したのが何回あったか
1.デシールズ 132回
2.ディー・ゴードン
3.ビリー・ハミルトン
4.スターリン・マルテ
5.ホセ・アルトゥーべ

☆一塁走者時のリードの大きさの平均
1.イチロー 3.9m

★素晴らしいイチロー。身体のケアは充分。

 変化球に対する動体視力の衰えをカバー出来るか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4198-43463e83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。