最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米、自動車ブランド、100台当たり不具合件数

米JDパワー・アンド・アソシエイツの
 「2016年の自動車耐久調査」によると
 ・発売後3年たった13年型モデル所有者3万3560人の回答から

☆100台当たり不具合件数
1.レクサス(トヨタ) 95件、5年連続首位
2.ポルシェ 97
3.ビュイック 106
4.トヨタ 113
5.GMC 120

6.シボレー 125
7.ホンダ 126
8.アキュラ(ホンダ) 129
9.ラム 129
10.リンカーン 132

11.アウディ 134
12.ベンツ 135

14.BMW 142
15.キャデラック 145

※平均 152件、前年147件から増加

17.起亜 153
18.ミニ 155
19.ヒュンダイ 158

21.マツダ 163
23.スバル 166
25.VW 169
27.日産 173
29.ランドローバー 198

31.フォード 204
32.ダッジ 208

☆部門ランキング首位
・トヨタ 6部門首位
・GM 8部門首位

・シティ フィアット500
・スモール ホンダ・フィット
・コンパクト ビュイック・ベラーノ
・コンパクトスポーティ ミニクーパー
・コンパクトプレミアム レクサス・ES
・ミッド シボレー・マリブ
・ミッドスポーティ  シボレー・カマロ
・ミッドプレミアム  レクサス・GS
・ラージ ビュイック・ラクロス

・スモールSUV ビュイック・アンコール
・コンパクトMPV トヨタ・プリウスV
・コンパクトSUV シボレー・エクイノックス
・コンパクトプレミアムSUV ベンツ・GLK
・ミッドSUV 日産・ムラーノ
・ミッドプレミアムSUV レクサス・GX
・ミニバン トヨタ・シェナ
・ラージSUV GMC・ユーコン
・ラージライトデューティピックアップ トヨタ・タンドラ
・ラージヘビーデューティピックアップ シボレー・シルバラードHD

※不具合指摘の多い10項目のうち、設計不具合が7項目で、
 全体の39%を占めた。

 不具合が多いのは、
 ・ブルートゥース対応/接続性
 ・音声認識システムの誤認識
 ・ナビゲーションシステムの使いにくさ、不正確さ

★音声認識はまだ未完成の技術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4195-a1f33cdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。