最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

移民に関する報告書、出生国と別の国で生活している人の数、難民含

国連の
 「移民に関する報告書(2015年改訂版)」によると
 ・出生国と別の国で生活している人の数、難民含む

☆2015年時点で世界の移民数
・2億4400万人、2000年から41%増、世界の3.3%(00年2.8%)
 うち難民 2000万人

☆現在、受け入れている移民数
1.米国 4700万人
2.ドイツ 1200万人
3.ロシア 1200万人
4.サウジアラビア 1000万人
5.イギリス 900万人
6.UAE 800万人

※各国民の中の移民比率
 ・ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニア 10%以上
 ・アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、カリブ 2%以下

※移住の同地域間比率
 ・北アメリカ 98%
 ・オセアニア 87%
 ・アフリカ 87%
 ・アジア 82%
 ・ラテンアメリカ&カリブ 66%
 ・ヨーロッパ 53%

☆移民出身国
1.インド 1600万人
2.メキシコ 1200万人
3.ロシア 1100万人
4.中国 1000万人
5.バングラデシュ 700万人
6.パキスタン 600万人
7.ウクライナ 600万人

☆移民の男女比
・女性 48%
・男性 52%

☆移民の年齢
・平均 39才
・20才未満 15%

★移民先は米独中心の経済先進国と中東産油国。


 日本は朝鮮からの大量密航者による犯罪と反日活動に
 長年悩まされ、移民・難民に慎重姿勢。

 日本人の高いモラルが、韓中と極度に乖離。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4170-5f296290