最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

世界主要航空会社の定時到着率

米調査会社フライトスタッツの
 「2015年の世界主要航空会社の定時到着率ランキング」によると
 ・国内線と国際線で15分未満遅延で到着した便の比率
 ・主要36航空会社対象

☆2015年の世界主要航空会社の定時到着率ランキング
1.日航 89.44%
2.イベリア航空(スペイン) 88.97%
3.全日本空輸 88.88%
4.KLM(オランダ) 87.88%
5.オーストラリアン 87.68%

6.SAS(スカンジナビア) 87.42%
7.TAM(ブラジル) 85.98%
8.カンタス(豪) 85.49%
9.ルフトハンザ(独) 84.42%
10.アビアンカ(コロンビア) 84.34%

★僅差だけれど、時間を守る能力は日本が一番。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4160-14bdd0fd