最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

東京の夏、外人ビジネスマン

ダイキン工業とマクロミルの
 「東京の夏のビジネスシーンに関する意識調査」によると
 ・東京で1年以上働く外国人と日本人100人ずつ対象
 ・2015年6月12日~7月7日インターネット調査

☆クールビズを意識した服装で仕事をしていますか(外人)
・ほぼ毎日している 55%
・ときどきしている 26%

※中東・アフリカ95%(ほぼ毎日73%、ときどき23%)
 アジア 72%

☆クールビズを意識した服装をする理由(外人、複数回答)
1.涼しくて快適・楽 79%
2.節電・省エネにつながる 30%、日本人より少ない
2.ジャケットやネクタイは好きではない 30%、日本人より多い
4.おしゃれだと思う 22%、日本人より多い

☆政府の省エネ推奨室温28℃のオフィス環境(外人)
1.暑くてやや不快 52%
2.暑すぎて耐えられない 29%

※共感できる 53%

☆仕事が最もはかどる温度(外人)
1.24℃ 19%
2.25℃ 16%
3.23℃ 15%

★25度だと快適だけど、外に出られない。

☆夏場の勤め先の室温(外人)
・暑すぎて耐えられない 6%
・暑くてやや不快 37%
・寒くてやや不快 15%
・寒すぎて耐えられない 3%

☆働いているオフィスの室温は何度
1.25℃ 19%
2.28℃ 15%

※約7割は24℃~28℃の間、残り約3割は30℃から18℃まで。

☆自国の人が東京で働くことになったら、どんな暑さ対策をアドバイス
・高温、高湿度に気をつけ、水分を摂り、仕事のストレスを避ける(ナイジェリア)
・外出前に天気予報を確認(トルコ)
・梅雨に気をつけて。私たちの夏の雨と違う(トルコ)
・扇子、水、ハンカチを持ち歩く(イギリス)
・電車に乗る際、タオルを用意する(イギリス)
・100円ショップで一年中役立つグッズがたくさん売っている(アメリカ)。
・天気の移り変わりや、満員電車への心構えをしておく(イギリス)
・通勤はピーク時を避ける(インド)
・辛いものを持ってきた方がいい(エジプト)
・電車やお店の中は冷えているのでジャケットを持ち歩く(アルジェリア)
・覚悟がなければ、早く帰った方がいい(台湾)

★日本永住者は夏の高気温高湿度に身体を慣らさないと。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/4044-fc998083