最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世帯平均所得、暮らし向き

厚労省の
 「国民生活基礎調査」によると

☆2013年の世帯当たり平均所得
・528.9万円、1.5%減、中央値415万円
  ここ10年で最低、データがある85年以降4番目の低さ

・100万円未満 6.5%
・100~200万円 13.9%
・200~300万円 14.3%
・300~400万円 13.4%
・400~500万円 10.1%
・500~600万円 8.5%
・600~700万円 6.9%
・700~800万円 5.4%
・800~900万円 5.0%
・900~1000万円 3.7%

・1000~1500万円 8.2%
・1500~2000万円 1.9%
・2000万円以上 1.2%

※平均所得額以下の世帯 61.2%


☆高齢者世帯(65歳以上のみか、65歳以上と18歳未満の世帯)
・300.5万円、2.8%減

※平均所得額以下の世帯 89.9%

☆18歳未満の子供のいる全世帯
・696.3万円、3.4%増

※平均所得額以下の世帯 37.3%

☆生活意識(14年7月時点)
・大変苦しい 29.7%
・やや苦しい 32.7%

※苦しい計62.4%は過去最高。これまで最高は11年7月61.5%
 高齢者世帯58.8%、18歳未満の子供のいる世帯67.4%

・普通 34.0%
・ややゆとりがある 3.2%
・大変ゆとりがある 0.4%

★500~700万円あればやっていけるはずだが。
 私立の教育費か、保育園料か。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3994-11ec9b4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。