最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

出産意識調査

一般財団法人、ワンモアベビー応援団の
 「夫婦の出産意識調査2015」によると
 ・結婚14年以下の男性(20~49歳で妻が39才以下)604人、
  女性(20~39歳)2357人。各県63人
 ・4月25~27日、インターネット

☆理想の子どもの数
・無し 5.3%、14年 6.5%、13年14.5%から減少
・1人 15.1%、14年16.7%、13年13.8%
・2人 48.0%、14年47.0%、13年47.2%
・3人 28.2%、14年26.8%、13年22.0%から増加
・4人以上 3.3%、14年 3.0%、13年 2.6%から増加

★増加傾向に

☆2人目以降の出産をためらう「第2子の壁」
・ある 75.0%
・ない 25.0%

☆第2子の壁の理由(選択式)
1.経済(家計) 86.5%
2.第一子の子育てで手一杯 43.6%
3.年齢(自身、配偶者) 42.2%
4.心理的(育児ストレス) 39.1%
5.仕事(産休、職場復帰) 38.5%(働くママ278人では64.7%)
  
6.社会制度(保育・教育制度) 37.0%
7.家庭環境(夫婦の時間減等) 29.4%
8.健康(病気、体力) 24.0%
9.人間関係(ママ共、両親) 18.5%
10.社会環境 16.5%

☆解消に向けて望むこと
1.出産育児、教育の経済的サポート 81.9%
2.休職・復職のしやすさなど仕事面サポート  45.4%
3.自分や配偶者のワークライフバランス(長時間労働短縮) 44.0%
4.育児ストレスを緩和できるような仕組み・コミュニティ 40.2%
5.社会環境の整備(保育施設の充実など) 38.8%

★費用、保育所、etc、少子化対策不十分。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3980-d3c0b6ad