最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米主要都市における貧富の差に関する比較調査

米ブルッキングス研究所の
 「米主要都市における貧富の差に関する比較調査」によると
 ・13年国勢調査を基に、各都市上位5%の富裕層と、
  下位20%の貧困層世帯の総収入を比較

☆富裕層は貧困層の格差
・全米平均 9.3倍
・大都市 11.6倍

☆格差が大きい都市
1.アトランタ 19.2倍
2.サンフランシスコ 17.1倍
3.ボストン 15.0倍
4.マイアミ 14.8倍

☆格差が小さい都市
1.バージニアビーチ 6.2倍
2.コロラドスプリングス 7.3倍
3.アリゾナ州メサ 7.5倍
4.オクラホマシティー 7.8倍

★人口が多ければ格差は広がる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3921-e19700bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。