最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永住権を取るのが難しい国

INVESTOPEDIAの
 「永住権を取るのが難しい国」によると

☆永住権を取るのが難しい国
・オーストリア 15~30年
 2年以上滞在し、「ドイツ語能力を高め、オーストリアの社会、
 経済、文化生活に溶け込む」とする「合意書」にサイン。しなければならない。
 すでに永住権を持つ人がオーストリア国籍を取得するには、
 継続して15~30年間滞在が必要。2重国籍を認めていない。

▽ドイツ 8年以上
 EU加盟国以外の国民はドイツに5年以上滞在し、ドイツ語だけでなく、
 政治・社会面でも相当の適応力を持っている必要があり、
 ドイツで仕事をし、生計を立てられることを証明しなければならない。
 国籍は8年(ドイツ語能力検定試験合格者は7年)以上の滞在が必要。
 2重国籍を認めていない。

▽日本 10年以上
 永住権取得は10年以上滞在が必要。
 国籍は5年滞在し、法務大臣の許可を獲得し、さらに書類審査。
 6カ月から数年間かかる。2重国籍を認めていない。

▽スイス 10年以上
 EU加盟国国民以外は継続して10年以上滞在が必要。
 永住権申請資格がある人は、国籍取得も申請できるが、
 スイス社会に溶け込んだことを示す資料を提出しなければならない。
 州や市ごとに国籍に関して異なる規定が設けられている。2重国籍を認めている。

▽米国 5年以上
 家族が米国人、又は米国で仕事をしている人でなければ獲得が難しい。
 5年滞在すれば国籍取得申請ができる。書類のほか、米国の知識に関する
 テストと英語のテストがある。2重国籍を認めている。

★永住権や国籍を簡単に認めると、中国人が大量にやってくる
 モラルが崩壊しないよう、規制、試験、合意書は必須。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3878-9b7d5864
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。