最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

結婚費用と結婚生活の期間」

エモリー大(ジョージア州アトランタ)経済学部の
 「結婚費用と結婚生活の期間」によると
 ・結婚経験ある米国人3151人対象

☆婚約指輪を除いた結婚費用と離婚割合
・~1000ドル 53%少ない
・~5000ドル 18%少ない
・~1万ドル 基準
・~2万ドル 29%多い
・2万ドル~ 46%多い

※結婚費用が少ないほど、離婚率は低い

 ブライダル業界が広めてきたのは、幸せな結婚生活のため、ぜいたくな式を
 挙げなければならないというイメージだが、ほとんど根拠がなかった。


☆結婚式出席者数と離婚率割合
・カップルのみ 基準
・~10人 35%少ない
・~50人 56%少ない
・~100人 69%少ない
・~200人 84%少ない
・200人~ 92%少ない

※結婚式の出席者が多いカップルほど離婚率が低い

※ブライダル情報ウェブサイト「ザ・ノット」の昨年米国で結婚式を挙げた
 1.3万人調査によると、式費用平均2万9858ドルと史上最高。

 2014年結婚産業は500億ドル(5.3兆円)超。

※陣内智則&藤原紀香の結婚式が約5億円
 郷ひろみ&二谷友里恵が3.5億円
 松平健&大地真央2.5億円

★ブライダル業界は高額豪華結婚式を宣伝するが、
 実際は両家親族のみのジミ婚が主流に。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3827-c0b920f7