最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空き家率

総務省統計局の
 「2013年時点における住宅・土地統計調査・速報集計」によると
 ・5年毎調査
 ・21万単位区・計350万住宅世帯対象、調査員が調査票配布・後日回収

☆全国住宅数(2013年10月1日時点)
・6063万1000戸、5年で5.3%・304.5万戸増

☆空き家
・819万6000戸、5年で8.3%・62.8万戸増

☆総住宅数に占める割合(空き家率)
・13.5%、今調査開始以来最高、5年前13.1%

 3大都市圏12.3%、それ以外14.9%

※今件の「空き家」は、居住世帯が無い住宅のうち、
 建築中や一時現在者のみの住宅を除いたもので、
 賃貸用・売却用・二次的住宅・その他が含まれる。

 空き家のうち、56.2%が第三者が居住可能な住宅

 別荘等の二次的住宅数は41万戸で、これを除く空き家率は12.8%

☆都道府県別の二次的住宅を除く空き家率
1.山梨 17.2%、全空き家率も最多の22.0%
2.愛媛 16.9%
3.高知 16.8%
4.徳島 16.6%
5.香川 16.6%

平均 12.8%

43.埼玉 10.6%
44.神奈川 10.6%
45.山形 10.1%
46.沖縄 9.8%
47.宮城  9.1%、全空き家率も最少の9.4%

★第三者が居住可能な住宅、461万戸。1千万人は住める。
 被災地の仮設住宅住まいは続いているが、難しいか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3817-b2329ad7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。