最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーコンピュータの処理能力ランキング、TOP500・2014年6月版

スーパーコンピュータの処理能力ランキング
 「TOP500・2014年6月版」によると

☆スーパーコンピュータの処理能力ランキング
1.中国、天河2号 3回連続1位、演算性能33.8627PFlops
2.米オークリッジ国立研究所のTitan
3.米ローレンス・リバモア国立研究所のSequoia
4.日本・理化学研究所の京 10.51PFlops
5.米アルゴンヌ国立研究所のMira

13.東工大・学術国際情報センターのTSUBAME2.5 2.785PFLOPS
30.国際核融合エネルギー研究センターのHelios 1.237PFLOPS
36.東大・情報基盤センターのOakleaf-FX 1.043PFLOPS
37.九大・情報基盤研究開発センターのQUARTETTO 1.018PFLOPS

※今回TOP500の合計 274PFLOPS、前回合計値250PFLOPSから向上。

 ※全システムの総合的性能向上率
  これまで最遅で年55%の伸び。94年から08年は年90%ずつ伸びていた

☆国別のTOP500以内システム数
1.米国   233システム、32システム減
2.中国   76システム、13システム増
3.日本   30システム
3.英国   30システム
5.フランス 27システム
6.ドイツ  23システム

☆OS別シェア
1.Linux 97.0%、500台中、485台
2.UNIX 2.6%、13台、最速が英国の欧州中期予報センター
  ECMWFの気象予測システムで、60位
3.Windows 0.4%、2台、
  最速は上海スーパーコンピュータセンターの294位

※SolarisとBSD UNIXはランキング外

★Windowsは不要?


☆スーパーコンピュータの省エネランキング
 「The Green 500・2014年6月版」によると
 ・消費電力当たりの速度性能値

☆スーパーコンピュータの省エネランキング
1.東工大のTSUBAME-KFC、2期連続首位、 1ワット当たり4389.82MFLOPS
  システムは油性冷却溶媒液に浸されている
2.ケンブリッジ大のWilkes、 1ワット当たり3631.70MFLOPS
3.筑波大計算科学研究センターのHA-PACS TCA 1ワット当たり3517.84MFLOPS

★省エネ首位は◎!!!
 絶対スピード4位は残念。1位を狙って。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3732-cd062228
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。