最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のパワフルウーメン、 The World's 100 Most Powerful Women

米フォーブス誌の
 「2014年版の世界のパワフルウーメン、
  The World's 100 Most Powerful Women」によると
 ・ビジネスや金融、メディア、慈善活動や非政府団体、政界、
  テクノロジーなどの分野で、資産、メディア露出度、
  影響力やインパクトで選出。

☆世界のパワフルウーメン
1.メルケル独首相、4年連続、11回中9度トップ
2.ジャネット・イエレン米連邦準備制度理事会議長
3.メリンダ・ゲイツ、ゲイツ財団共同議長
4.ジルマ・ルセフ、ブラジル大統領
5.クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金専務理事

6.ヒラリー・クリントン
7.マリー・バラ、GMのCEO
8.ミシェル・オバマ
9.シェリル・サンドバーグ、フェイスブックCOO
10.バージニア・ロメッティ、IBMのCEO

※10位以内に米国人8人、100位以内も半数以上米国人。

11.韓国大統領
12.スーザン・ウォジスキ、YouTubeのCEO
17.ビヨンセ
18.マリッサ・アン・メイヤー、米YahooのCEO
20.メグ・ホイットマン、HPのCEO

35.エリザベス2世
39.アナ・ウィンター、米ヴォーグ編集長
50.アンジェリーナ・ジョリー

67.レディー・ガガ
68.ダイアン・フォン・ファステンバーグ
75.ミウッチャ・プラダ
79.トリー・バーチ

※中国(台湾、香港、マカオ含)から11人。
 陳馮富珍(マーガレット・チャン)世界保健機関(WHO)事務局長、
 龍湖集団の呉亜軍(ウー・ヤージュン)会長
 華為技術の孫亜芳(スン・ヤーファン)会長
 習近平・国家主席夫人の彭麗媛(ポン・リーユエン)など

★選考は、米でのメディア露出度が中心みたいだが、

 日本女性がゼロ!

 小保方氏の実験が真っ当だったら...

 吉田沙保里とかジャンプの高梨沙羅とか、
 スポーツはダメかなあ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3719-312e93ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。