最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

米大リーグの年俸

AP通信の
 「米大リーグ年俸調査」によると

☆球団別の総額
1.ドジャース    2億3530万ドル(240億円)
2.ヤンキース    2億0381万ドル、昨年まで16年連続1位
3.フィリーズ    1億8005万ドル、
4.レッドソックス  1億6282万ドル
5.タイガース    1億6223万ドル

6.Los Angeles Angels $155,692,000
7.San Francisco $154,185,878
8.Texas $136,036,172
9.Washington $134,704,437
10.Toronto $132,628,700

11.Arizona $112,688,666
12.Cincinnati $112,390,772
13.St. Louis $111,020,360
14.Atlanta $110,897,341
15.Baltimore $107,406,623
16.Milwaukee $103,844,806
17.Colorado $95,832,071
18.Seattle $92,081,943
19.Kansas City $92,034,345
20.Chicago White Sox $91,159,254

21.San Diego $90,094,196
22.New York Mets $89,051,758
23.Chicago Cubs $89,007,857
24.Minnesota $85,776,500
25.Oakland $83,401,400
26.Cleveland $82,534,800
27.Pittsburgh $78,111,667
28.Tampa Bay $77,062,891
29.Miami $47,565,400
30.Houston $44,544,174

★ものすごい格差。ドジャースとアストロズで、5倍強も。


☆個人
1.グリンキー(ドジャース投手) 2800万ドル
2.ライアン・ハワード(フィリーズ内野手)2500万ドル
2.クリフ・リー(フィリーズ投手) 2500万ドル
4.CC・サバシア(ヤンキース投手) 2430万ドル
5.ロビンソン・カノー(マリナーズ内野手)2400万ドル
5.プリンス・フィルダー(レンジャース内野手)2400万ドル

12.田中将大(ヤンキース投手) 2200万ドル


※2000万ドル超が20人

 2013年トップはAlex Rodriguezで、3千万ドルでだったが、
 薬で出場停止。

★日本は
1.阿部慎之助 6.0億円
2.杉内俊哉  5.0
3.内海哲也  4.0
3.摂津正   4.0
5.岩瀬仁紀  3.7
 なので、日米の差、約5倍。


☆生涯年俸
1.アレックス・ロドリゲス 3.53億ドル
2.デレク・ジーター    2.53
3.マニー・ラミレス    2.07
4.バリー・ボンズ     1.88
5.ランディ・ジョンソン  1.76

13.イチロー        1.53

★タイガースのミゲル・カブレラ内野手30歳が、
 23年までの契約延長に合意。現在の8年契約の残り2年含め、
 10年総額2億9200万ドル(298億円)で、
 アレックス・ロドリゲスの07年大型契約2億7500万ドルを超えた。

 39歳まで毎年30億円!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3655-ab5506e5