FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

2013年全国メディア接触・評価調査

日本新聞協会(中央調査社実施)の
 「2013年全国メディア接触・評価調査」によると
 ・全国15歳以上79歳以下男女個人7千人対象、回収3801人
 ・住民基本台帳からの層化2段無作為抽出
 ・昨年11月~12月、訪問留め置き法

☆新聞の購読
・新聞を読んでいる    83.6%
・新聞社電子版の利用 7.7%
・紙と電子版を併読    6.3%

☆各メディアへの接触状況
・新聞を読んでいる 83.6%
・雑誌を読んでいる 68.2%
・テレビを見ている 98.0%
・インターネットを利用している 66.8%
・ラジオを聞いている 52.4%

☆各メディアの印象・評価 上位5項目(複数回答)
《新聞》
1.社会に対する影響力がある 45.4%
2.知的である 42.9
3.安心できる 36.1
4.自分の視野を広げてくれる 35.8
5.情報源として欠かせない 35.4

★新聞社の体質か?伝統か?
 幹部から若手まで勉強不足が甚だしい。

《雑誌》
1.話のネタになる 25.5%
2.楽しい 24.4
3.イメージがわかない・評価できない  24.1
4.親しみやすい 20.8
5.自分の視野を広げてくれる 15.5

《テレビ(NHK)》
1.社会に対する影響力がある 43.9%
2.安心できる 40.1
3.知的である 36.5
4.情報の信頼性が高い 35.8
5.情報が正確である 34.7

★中韓支援左翼の巣窟。高給なのでもっと働きましょう。

《テレビ(民放)》
1.親しみやすい 52.1%
2.楽しい 48.3
3.話のネタになる 47.2
4.手軽に見聞きできる 41.1
5.社会に対する影響力がある 36.4

★エンタメだけでも、クオリティアップを

《検索サイト》
1.イメージがわかない・評価できない 26.4%
2.情報が早い 26.2
3.情報量が多い 25.9
4.手軽に見聞きできる 23.8
5.多種多様な情報を知ることができる 23.7

★順当に高評価

 ネットには、マスコミに載らない貴重な情報も、
 クズのような情報も、両方もりだくさん。


《新聞社のニュースサイト》
1.イメージがわかない・評価できない 43.9%
2.情報が早い 12.4
3.社会に対する影響力がある 9.0
4.知的である 8.9
5.情報量が多い 7.9

《ラジオ》
1.イメージがわかない・評価できない 29.0%
2.親しみやすい 23.3
3.手軽に見聞きできる 20.5
4.楽しい 18.4
5.話のネタになる 16.9

《ブログやコミュニティーサイト、SNS》
1.イメージがわかない・評価できない 42.4%
2.楽しい 15.7
3.話のネタになる 15.6
4.親しみやすい 13.0
5.手軽に見聞きできる 12.3


☆インターネット利用(複数回答、インターネット利用者2538人)
1.検索サイトのニュースを読む 81.2%
2.動画共有サイトを見る 63.2%
3.クチコミサイト、比較サイトを見る 59.3%
4.企業ホームページを見る 58.3%
5.ネットショッピング 57.6%

6.他の人のホームページやブログを見る 50.9%
7.無料の通話・メールアプリを利用 49.7%
8.音楽・動画配信サイトを利用 46.8%
9.新聞社のニュースサイトを見る 46.4%
10.コミュニティーサイトやSNSを見る 41.5%

11.インターネット上でゲーム 38.5%
12.コミュニティーサイトやSNSに書き込み 31.6%

★ごく普通の結果に。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3641-9c249d64