最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端末購入動向に関する調査

MM総研の
 「ユーザーの端末購入動向に関する調査」によると
 ・2013年12月、WEBアンケート、
 ・15~69歳男女1650人(どちらか一方のみ利用)、
  7万6997件のプレ調査から無作為抽出
  スマホ派825人、フィーチャーフォン(ガラケー)派825人

☆今後の端末購入意向
《フィーチャーフォンユーザー》
・スマートフォンを購入   34.4%
・フィーチャーフォンを購入 62.4%

《スマートフォンユーザー》
・スマートフォンを購入   95.2%
・フィーチャーフォンを購入  4.1%

☆スマートフォンではなくフィーチャーフォンを購入したいと考える理由
1.スマートフォンは月額利用料金が高い  48.3%
2.スマートフォンに必要性を感じない   46.3%
3.フィーチャーフォンに満足している   37.9%
4.スマートフォンの端末価格が高い    30.8%
5.スマートフォンの使い勝手が悪い    20.4%


☆現在利用している端末種類別の月額利用料金
・スマートフォン   6826円
・フィーチャーフォン 3746円
・SIMカード      1801円

※月額利用料金=通話、データ通信、オプション契約料金等。
 端末購入費用や割賦料金は含まず

☆月額がいくらならスマートフォンを利用してもよいと考えるか
(スマートフォン非購入意向者)

・~499円     5.8%
・ 500~ 999円   4.7%
・1000~1999円  18.6%
・2000~2999円  18.9%
・3000~3999円  12.6%
・4000~4999円   7.7%

※料金関係なくスマホは利用しない 23.7%

★AUのアイフォンで、本体一括0円のキャッシュバック付きに、
 各種割引+スマートバリュー割引で、
 音声通話を無料アプリやIPにすれば
 月3千円程に。

 本体1万円位のフリーSIMスマホに、月980円のSIMカードで、
 音声通話を無料アプリやIPにすれば、月2千円位に。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3612-9ff8319c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。