FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

国際成人力調査、読解力、数的思考力、IT活用の問題解決能力

OECDの
 「国際成人力調査」によると
 ・先進24カ国・地域、16~65歳の無作為抽出された16.6万人参加
 ・11~12年に初実施
 ・知識の有無でなく、社会生活で求められる能力の習熟度
 ・ロシアはデータ未公開

☆総合
・日本が、3分野中の読解力と数的思考力でトップ、
 IT問題解決能力は10位だが、パソコン受験者平均はトップ。

 日本は成績上位と下位各5%の平均点の差が参加国最小で、
 下位割合が唯一、10%未満。

 フィンランドが全て2位


☆読解力
1.日本      296点
2.フィンランド  284
3.オランダ    280
4.オーストラリア 280
5.スウェーデン  279

※平均      273点

21.フランス    262
22.スペイン    252
23.イタリア    250

※読解力は1~5で評価され、日本のレベル1以下はわずか4.9%。
 レベル4と5の合計割合は、日本とフィンランドが5人に1人、
 スペインやイタリアは20人に1人未満。OECD平均15.5%。

 日本の25~34歳中卒者は、スペインやイタリアの同年代大卒者より、
 はるかに高い読解力を持っていた。

 読解力の高い人は低い人と比べ、賃金が60%高く、
 読解力の低い人ほど失業率が高く、レベル4~5の人が4%、レベル1以下は7%


☆数的思考力
1.日本     288点
2.フィンランド 282
3.ベルギー   280
4.ベルギー   280
5.オランダ   279

平均      269点

21.米国     253
22.イタリア   247
23.スペイン   246

※レベル1以下は、日本8.1%、フランス28%、イタリアとスペイン30%超。

☆IT活用の問題解決能力(パソコン受験者の平均点)
1.日本      294
2.フィンランド  289
3.オーストラリア 289
4.スウェーデン  288
5.ノルウェー   287

平均       283

17.米国      277
18.アイルランド  277
19.ポーランド   275

※4カ国はデータなし

※紙受験者含めたレベル3の者の割合(PC受験者のレベル2~3割合)
1.スウェーデン 8.8%(19国地域中、1位44%)
2.フィンランド 8.4%(2位42%)
3.日本     8.3%(10位35%)
4.オランダ   7.3%(3位42%)
5.カナダ    7.1%(7位37%)

18.韓国     3.6%(15位30%)
19.アイルランド 3.1%(18位25%)
20.スロバキア  2.9%(17位26%)

★日本がずば抜けていた。自信持ちましょう。
 素晴らしい日本、素晴らしい日本人。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3527-26b791af