最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

国際競争力ランキング

世界経済フォーラムの
 「国際競争力ランキング、2013年版」によると
 ・148カ国・地域対象
 ・ビジネス環境、政府の効率性、教育水準などを統計と、
  経営者からの聞き取りで指数化

☆国際競争力ランキング、2013年版
1.スイス、5年連続首位、5.67
2.シンガポール、5.61
3.フィンランド、5.54
4.ドイツ、+2、5.51
5.米国、-2、5.48
6.スウェーデン、-2、5.48
7.香港、+2、5.47
8.オランダ、-3、5.42
9.日本、+1、5.40
  ビジネス環境や技術革新、研究開発投資などで高く、
  政府債務が最下位。
10.英国、-2、5.37

11.ノルウェー、+4、5.33
12.台湾、+1、5.29
13.カタール、-2、5.24
14.カナダ、5.20
15.デンマーク、-3、5.18
16.オーストリア、5.15
17.ベルギー、5.13
18.ニュージーランド、+5、5.11
19.UAE、+5、5.11
20.サウジアラビア、-2、5.10

21.オーストラリア、-1
23.フランス、-2
25.韓国、-6
29.中国
  汚職や安全保障の問題、説明責任が低レベル
35.スペイン、+1
38.インドネシア、+12
44.トルコ、-1
49.イタリア、-7

55.メキシコ、-2
56.ブラジル、-8
59.フィリピン、+6
60.インド、-1
64.ロシア、+3
70.ベトナム、+5

146.ブルンジ
147.ギニア
148.チャド

★1,2位は金融だけのような。
 3位フィンランドはノキアの携帯撤退で苦しく。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3499-bbb26381