最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性愛に関する調査、39カ国

米ピュー・リサーチ・センターの
 「同性愛に関する調査」によると
 ・世界39カ国、3万7653人対象
 ・2013年3月2日~5月1日調査

☆同性愛を支持する
 (同性愛は社会によって受理されるか、拒絶されるべきか)
         NO YES
《北米》
カナダ      14%  80%
 07年YES70%
米国       33%  60%
 賛成の男性55%、女性65%
    18~29歳70%、50歳以上52%
 07年YES49%

《ヨーロッパ》
スペイン     11%  88%
ドイツ      11%  87%
チェコ      16%  80%
フランス     22%  77%
 07年YES83%
英国       18%  76%
 賛成の男性69%、女性83%
イタリー     18%  74%
 07年YES65%
ギリシャ     40%  53%
ポーランド    46%  42%
ロシア      74%  16%

《中東》
イスラエル    47%  40%
 賛成の男性31%、女性48%
レバノン     80%  18%
トルコ      78%   9%
パレスチナ    93%   4%
エジプト     95%   3%
ヨルダン     97%   3%
チュニジア    94%   2%

《アジア太平洋》
オーストラリア  18%  79%
フィリピン    26%  73%
日本       36%  54%
 賛成の男性47%、女性61%
    18~29歳83%、50歳以上40%

韓国       59%  39%
 07年YES18%
中国       57%  21%
マレーシア    86%   9%
インドネシア   93%   3%
パキスタン    87%   2%

《中南米》
アルゼンチン   21%  74%
チリ       24%  68%
メキシコ     30%  61%
ブラジル     36%  60%
ベネズエラ    42%  51%
 賛成の男性44%、女性59%
ボリビア     49%  43%
エルサルバドル  62%  34%

《アフリカ》
南アフリカ    61%  32%
ケニア      90%   6%
ウガンダ     96%   4%
ガーナ      96%   3%
セネガル     96%   3%
ナイジェリア   98%   1%

※欧州や米国、カナダ、中南米は寛容度合いが増し、
 アフリカや中東は反感が根強い。
 ヨルダンやエジプト、インドネシア、パキスタンなどイスラム教中心の国と、
 ナイジェリアやセネガルなどアフリカ諸国は拒絶されるべきが圧倒的多数。
 イスラエルやポーランド、ボリビアなどは賛否が割れる。

 同性愛への支持は、宗教が生活の中心にない国で特に広がり、
 信仰心が高い水準にある貧しい国々では、同性愛寛容は少数派。

 宗教の影響力がさほど強くない国でも一部、
 受け入れられない例が、ロシアや中国などある。

 女性や若年成人層で同性愛を許容する傾向が強く、
 フランスや米国は女性の許容度が男性を約10%ポイント上回る。

★国による意識格差が大きい。
 性同一性障害もあるし、自由ということで。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3422-0a1b4153
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。