最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本プロ野球選手会、2013年度・年俸調査

日本プロ野球選手会の
 「2013年度・年俸調査」
 ・選手会加入支配下選手727人
 ・外人選手除く

☆日本プロ野球選手の2013年度・年俸
・平均    3733万円、83万円減、2年連続減、総額271.4億円
1.巨人    6155万円、261万円増、2年連続トップ、総額38.2億円
2.中日    5198万円
3.ソフトバンク 4152万円
4.阪神    3864万円
5.オリクス  3726万円
6.日本ハム  3757万円

7.西武    3507万円
8.ロッテ   3430万円
9.ヤクルト  3077万円
10.楽天    2964万円
11.広島    2700万円
12.DeNA    2467万円、総額15億円

☆1軍は開幕時出場登録選手の平均
1.巨人  1億0379万円
12.DeNA   3869万円

☆1億円以上
・71人、7人減、全体の9.8%、セ35人、パ36人。
 巨人が最多9人、中日、ソフトバンク、オリックスが8人。

☆年齢別
・23歳以下(全体の22%) 938万円、5.2%増
・36歳以上(全体の8%) 9219万円、13.2%減


★高校1年時点の野球部員は、男子生徒61万人中6.1万人。
 男子の1割がプロ野球選手を夢見る。オーッ!

 プロ野球に入団できる日本人選手は年100人程。
 単純計算で野球部員600人に1人がいつか入団でき、
 うち、レギュラー野手やローテーション投手になれて、
 長く高年俸をもらえるのは、1割位なので、
 野球部員、学年毎6.1万人のうちの10人か。

 スポーツでお金稼ぐなら、世界か米へ。
 あるいはギャンブル系(競馬競輪競艇)へ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3387-290e885c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。