最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

引退生活、貯蓄額等15ケ国調査

英金融大手HSBCの
 「引退生活、予想年数や貯蓄額等調査」によると
 ・15カ国の就労者と退職者1.5万人対象
  豪、ブラジル、加、中国、エジプト、仏、香港、印、マレーシア、
  メキシコ、シンガポール、台湾、UAE、英国、米国

☆引退後の生活で、最も重要なこと
1.友人や家族と過ごす  18%
2.広範囲の旅行     14%
3.たくさんの旅行    12%
4.創業         10%
5.広い意味の仕事継続   5%

☆引退後の生活で、重要なこと
1.友人や家族と過ごす  58%
2.たくさんの旅行    48%
3.広範囲の旅行     40%
4.技能習得や趣味の勉強 35%
5.広い意味の仕事継続  35%


☆退職後に快適な生活を続けられる蓄え
・まったくない 平均 19%
 仏36%、エジプト36%、英34%、加23%、豪22%、米20%
 インド4%、香港9%、マレーシア10%、シンガポール12%

・充分にはない 平均 38%
 台湾57%、メキシコ45%、シンガポール44%、マレーシア&香港43%、
 仏23%、インド25%、中30%、加32%、英33%

★逆に半数強は充分な蓄えあり。額は別にして堅実なインド人


☆貯蓄が増えない理由
・失業、健康状態の悪化、住宅の購入、子どもの教育費等

☆引退生活の予想年数
・平均 18年
 英国19年、米国21年

☆蓄えが底を尽くまでの予想年数
・平均 10年
 英国7年、米国14年

★世界中が先行き不透明。
 健康な高齢者はさらに働くということで。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3359-c39e3a47