最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米、妊娠中絶の合法について

米ギャラップの
 「妊娠中絶の合法について」によると
 ・12月27~30日
 ・全米50州の18歳以上1012人

※米では、妊娠中絶に関するロー対ウェイド事件(Roe v. Wade)の
 1973年最高裁判決が有名で、今も賛否の論争が続いている。
 最高裁は憲法修正第14条が、女性の堕胎権利を保障していると
 ほとんどの州の中絶禁止を違憲、無効としたが、
 キリスト教の保守派が反発し、反対運動を続けている。

☆中絶に関する73年最高裁の画期的な決定
・覆すべきでない  53%
・覆すべき     29%
・意見無し     18%

※覆すべきでないは90年代の60%前後からやや減少
 覆すべき、90年代の35%前後からやや減少
 意見無しが、90年代の5%前後から増加


☆妊娠中絶合法化に
       支持(pro-choice) 反対(pro-life)
・全体         48%    44%

・無宗教        80%    18%
・リベラル派      76%    16%
・家計収入7.5万ドル以上 58%    36%
・18~29才       54%    36%
・女性         50%    43%
・トトリック教徒    48%    45%
・男性         47%    44%
・65才以上       45%    45%
・家計収入3万ドル以下  41%    46%
・プロテスタント&他のキリスト教徒
            40%    50%
・保守派        31%    60%
・リパブリカン     28%    67%

★米のキリスト教保守派は共和党の有力支援団体で、
 その原理主義派は今も「進化論の授業」に反対している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3335-e4b75d9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。