最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

米、銃規制の世論調査

IpsosとReutersの
 「銃規制についての世論調査、Gun Regulations」によると

☆銃規制について、賛成
・銃規制法は最低限の適度な規則に    62%
・ガンショーや個人パーティーでの販売に素性調査を拡張 86%
・精神病履歴のある人の銃購入禁止    91%
・連邦データベースで銃販売追跡調査   81%
・軍事用攻撃用武器の販売禁止      74%
・高容量挿弾子の販売          74%
・弾薬のオンライン販売         69%
・半自動銃器の販売           66%
・教師と教職員の銃に公的資金      59%
・教職員が銃を携帯           55%
・学校に武装スタッフを配置       72%
・銃携帯を教職員に激励         50%

★銃規制反対の全米ライフル協会は会員425万人で共和党最大の支持団体。
 銃兵器メーカーが支援し、強力なロビー活動を展開。

・憲法で銃の所持が保障されている
・国内の銃の数、2.7億丁は世界最多。100人に89丁、世帯の約4割が銃所持

・2011年、銃の発砲で、3万2163人死亡
・2011年、銃による殺害、1万1101人
 銃による殺人件数、世界21位で先進国最多。1位南アフリカ、2位エルサルバドル、
 3位コロンビア、4位メキシコ、5位フィリピンなど
・2011年、銃の事故による死者、10万人当たり0.27人、先進国最多
・2011年、銃での自殺、10万人当たり6.3人
・ライフルの米での価格、AK-47が500ドル(4.5万円)

★米の田舎の保守派は、超素朴で超頑固。
 都会の保守派は単なる損得関係で。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3334-6cd08977