最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

アメリカ人の宗教

ギャラップの
 「宗教選択調査」によると
 ・各年1月2日~11月30日調査

☆アメリカの宗教選択、11年と12年の比較
 Religious Preference in the United States, 2011 vs. 2012

2011/1~11月 20112/1~11月
・プロテスタント、他のクリスチャン 52.5%  51.9%
・カトリック   23.6%  23.3%
・モルモン    1.9%   2.1%
・ユダヤ教、ジューイッシュ    1.6%   1.7%
・イスラム教、モスリム    0.5%   0.6%
・他の非キリスト教徒    2.4%   2.6%
・無宗教   15.0%  15.6%
・無回答    2.5%   2.2%

★無宗教+無回答が、2割近くまで増えました。
 犯罪は多く、格差は広がり、国の上層部にモラルは無く...
 なので、当然か。

☆宗教は毎日重要か
 YES  NO
・モルモン   87%  13%
・プロテスタント、他のクリスチャン 79%  20%
・イスラム教(モスリム)   78%  21%
・カトリック   70%  30%
・他の非キリスト教徒   50%  49%
・ユダヤ教   41%  58%
・無宗教、   18%  81%

★モルモン教はカトリック・プロテスタント・正教会から異端とされている。
 日本ではケント・ギルバート氏やケント・デリカット氏でも有名。
 ほとんどユタ州で、白人、酒や煙草に厳しく、愛国心と共同意識の強い保守派。
 努力と清潔を重んじる旧き良きアメリカ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3314-b22bdd97