最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

レジャー白書・2013

生産性本部の
 「レジャー白書・2013」によると
 ・インターネット調査、2012年1月
 ・全国15~79歳男女3294人から推計

☆レジャーの体験人数
1.国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など) 5580万人
2.外食(日常的なもの除)        5370万人
3.ドライブ               5360万人、昨年まで2年連続1位
4.映画(TV除)            4160万人
5.音楽鑑賞               4110万人

6.ビデオ鑑賞(レンタル含)       3970万人
7.カラオケ               3910万人
8.宝くじ                3840万人、余暇kなあ?
9.動物園、植物園、水族館、博物館    3720万人
10.園芸、庭いじり            3380万人

11.TVゲーム(家庭で)         3340万人
12.トランプ、オセロ、カルタ、花札等   3090万人
13.音楽界、コンサート          2840万人
14.学習、調べもの            2720万人
15.体操(器具を使わないもの)      2710万人

16.バー、スナック、パブ、飲み屋     2640万人
17.ジョギング、マラソン         2590万人
19.帰省旅行               2380万人
20.ピクニック、ハイキング、野外散歩   2330万人

★年1回以上なので、判断が難しいが、


☆余暇関連産業市場
・市場規模64兆9410億円、4.5%減
  パチンコ・パチスロ(2.5%減の18兆8960億円)を除くと5.3%減
・スポーツ部門3.1%減
  アウトドでワンランク上への買い換えが進み、
  ランニグブーム継続、スポーツ自転車伸張、ゴルフ場さらに減、
・観光・行楽部門3.2%減
  大手の遊園地・テーマパーク堅調。水族館・プラネタリウムなど人気
  旅行は国内が落ち、海外横ばい
・趣味・創作部門、ミラーレス一眼カメラ好調
・娯楽部門、宝くじ好調、ゲームセンター減少

★パチンコが余暇はねえ。金が北朝鮮と警察に行くだけ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3256-769b2e4f