FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

怪しいワクチン、タミフル


タミフル服用の子ども死亡、日本で12件(CNN)



ラムズフェルド、タミフルで金儲け(CNN)


 米食品医薬品局(FDA)はインフルエンザ治療薬タミフルを服用した後で死亡した子どもが日本に12名、そのうち異常行動による死3名と報告。タミフルの副作用に関する監視の2年継続を決めた。
 タミフル服用の世界計3200万人のうち、日本人が2400万人。
販売元ロシェは因果関係は確立されなかったとし、 日本の輸入販売元、中外製薬が厚労省に報告した16歳未満死亡例は13人。うち7人はタミフルとの因果関係を否定できず、6人は副作用を否定されたという。
 ちなみにタミフルの特許を持ち、製造のロシェ社から10%のマージンを受け取る米ギリアド社というのは悪名高いラムズフェルド氏がブッシュ政権入りまで会長をしており、今も大株主。
 タミフルは米国防総省も購入し、米議会もさらに大量購入検討中とか。なんか怪しい。備蓄予定国も日米英カナダオーストラリアとラムズフェルドやゼネコンの同盟国。

 だいたい、この薬は感染を防ぐものではないし、病気を治すわけでもない。「症状が出て、48時間以内に服用すれば、症状緩和に役立つかもしれない」というだけなのだ。
 加えて、鳥インフルエンザの潜伏期間は3~4日とか。つまり、かかったとわかってから、タミフルを飲んでも何の役にも立たない。これっぽっちも役に立たない。
 そんなものを税金で備蓄してどうするんだ。悪質な金稼ぎとしか思えないぞ。

 さらにインフルエンザワクチンは型が合わないと効かない。タミフルもAとBだけで、ほかのウイルスや、C型、細菌性風邪症候群には効果がない。しかも、死亡事故まで出ている。
 今、話題になっている鳥インフルエンザ用のワクチンと誤解しているアホなマスコミもあるが、鳥インフルエンザ系の人間用細菌はこれから作られるので、タミフルが効くなんて保障は全く無いのだ。

 1錠の薬価363円で日本の備蓄目標が1050万人の5日分というから、1日2回で382億円分。備蓄達成率0.15%の低さを、毎日新聞は国の無責任と書き、フジTVも追従した。達成率が低いのは間違いないが、効能も怪しいのに、その備蓄目標設定も怪しすぎる。

 イラク戦争も結局は、大量破壊兵器ではなく、ラムズフェルドやそのバックの会社の利益のためだったし、インフルエンザまで彼らの金儲けみたいです。杞憂ならいいけど。

暗いニュースリンクへ

タミフルに耐性

オックスフォード大のデジョング博士やファラー博士らのチームが、H5N1型鳥インフルエンザに感染したベトナム人患者8人について、8人は感染発覚後にタミフルの投与を受けたが4人死亡。死亡した4人のうち2人から、タミフルに耐性のあるウイルスが検出された。
 中でも、13歳少女は感染初期からタミフルの治療を受けていたにもかかわらず、治療効果があがらなかったことが注目されている。回復した4人のうち3人については、タミフル投与によるウイルス量の減少が確認された。
 日本の東大医科学研究所の河岡義裕教授らが今年10月、タミフル服用から4日目に死亡したベトナムの14歳少女からタミフルに耐性のあるウイルスが発見。


Sasayama’s Weblogからの引用
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=497

1.タミフル(Tamiflu またはoseltamivir)の副作用一覧
「Tamiflu潤・Medicine Guide 」より
●うずきと痛み (Aches and pains )
●アレルギー反応によるショック(Allergic reactions sometimes leading to shock)
●喘息-既往症として喘息がある方の悪化(Asthma - aggravation of pre-existing asthma )
●気管支炎(Bronchitis )
●肺感染症(Chest infection )
●結膜炎(Conjunctivitis )
●皮膚炎(Dermatitis )
●下痢(Diarrhoea )
●不眠(Difficulty sleeping )
●めまい(Dizziness )
●耳感染(Ear infection )
●耳の異常(Ear problems )
●多形性紅斑(Erythema multiforme)
●頭痛(Headache )
●肝炎(Hepatitis)
●消化不良(Indigestion )
●肝異常(Liver problems )
●リンパ節症(Lymphadenopathy )
●吐き気(Nausea )
●鼻血(Nose bleed )
●発疹・吹き出物(Rash or rashes)
●鼻水(Runny nose )
●静脈洞炎(Sinusitis )
●スティーブンス・ジョンソン症候群、または、皮膚粘膜眼症候群(Stevens Johnson syndrome )
●風邪症候(Symptoms of a cold )
●疲労感(Tiredness)
●腹痛(Tummy pain )
●蕁麻疹(Urticaria )
●嘔吐(Vomiting )

なお、タミフルの日本での発売元の中外製薬のサイト『タミフルの添付文書情報』(平成14年10月30日付厚生労働省医薬局安全対策課長通知 第1030001号に基づき自主改訂、改訂前後の変更点対比表は、こちらのサイトご参照)では、副作用として、次のように書いてあります。
「医薬品・医療用具等安全性情報 No.202」(2004年6月)も、ご参照

以下引用
「カプセル剤の承認時までの調査309例において、副作用は、85例(27.5%)に認められた。主な副作用は、腹痛21件(6.8%)、下痢17件(5.5%)、嘔気12件(3.9%)等であった。(承認時)
ドライシロップ剤(1~12歳の幼小児)の承認時までの調査70例において、副作用は35例(50.0%)に認められた。主な副作用は、嘔吐17件(24.3%)、下痢14件(20.0%)等であった。(承認時)

(1)重大な副作用
1) ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明):ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、顔面・喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

2) 肺炎(頻度不明):肺炎の発症が報告されているので、異常が認められた場合にはX線等の検査により原因(薬剤性、感染性等)を鑑別し、適切な処置を行うこと。
3) 肝炎、肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST (GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの著しい上昇等を伴う肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
4) 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(頻度不明):皮膚粘膜眼症候群(Stevens- Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)等の皮膚障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
5)急性腎不全(頻度不明):急性腎不全があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
6)白血球減少、血小板減少(頻度不明):白血球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
7)精神・神経症状(頻度不明):精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等) があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、観察を十分に行い、症状に応じて適切な処置を行うこと。
8)出血性大腸炎(頻度不明):出血性大腸炎があらわれることがあるので、血便、血性下痢等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
(2)その他の副作用
次のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。(後略)」」
引用終わり、の引用終わり

コメント

トラックバックありがとうございます。
ラムズフェルト氏の件、私も、週刊ポストだったかを読んで知りました。
結局は、お金がどこに流れるかというカラクリで、政治が利用されているように見えて仕方がありません。
もっと、マスコミが流してくれるといいのにな。

当方、まだ始めたばかりのサイトですのに、最近、トラックバックに変なものが混じってきていますので、エキサイトのみに変更しました。
どうぞ、またおいでください。

  • 2005/12/07(水) 00:54:53 |
  • URL |
  • koto #NUpTSsbk
  • [ 編集 ]

情報ありがとうございます

こんにちは。
タミフルの問題が世の中を沸かせていますが、この薬は効き目もありますが副作用もこのようにたくさんあるとは改めて驚きました。
情報をありがとうございます。
また、宜しくお願いいたします。

  • 2005/11/26(土) 10:45:07 |
  • URL |
  • おーちゃん #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/324-c661f314

インフルエンザ薬 タミフルで異常行動死?

木枯らし一号も吹き、日本列島も冬を迎えました。冬になり流行し、かかると大変なのがインフルエンザですね。このインフルエンザ治療薬の「タミフル」(リン酸オセルタミビル)を飲んだ患者2人が、飲んで間もなく行動に異常をきたし、1人は車道に走り出て大型トラックには

  • 2005/11/26(土) 10:48:15 |
  • Y's WebSite : Blog ~日々是好日~