最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年米国自動車初期品質調査

 米JDパワー・アンド・アソシエーツの
「2012年米国自動車初期品質調査、Initial Quality Study」によると
 ・12年型車購入又はリースした7.4万人以上対象。
 ・購入後90日間の初期品質調査、2~5月実施

☆100台あたり不具合指摘件数
1.レクサス     73台
2.ジャガー     75台、昨年20位
2.ポルシェ     75台
4.キャデラック   80台、昨年9位
5.ホンダ      83台
6.アキュラ
6.インフィニティ
8.トヨタ
9.ベンツ
10.BMW
10.マツダ

12.日産
15.アウディ
17.ヒュンダイ

21.スバル
23.スズキ
24.クライスラー
26.フォード     118台
27.ランドローバー  119台
28.三菱       124台
28.VW       124台
31.ミニ       139台

☆同・セグメント別モデルランキング首位
・3セグメントで受賞
  フォード(エクスペディション、マスタング、トーラス)
  レクサス(ES350、LS、RX)
・2セグメントで受賞
  インフィニティ(EXシリーズ/Mシリーズ)
  日産(フロンティア/クエスト)
  トヨタ(カローラ/ヤリス)

※他にマツダMX5、ホンダCRV、ポルシェ911等。

☆工場(プラント)アワード
・プラチナ賞 ホンダ鈴鹿第3工場、CR-Zとフィットを製造

★故障の少ない日本車。トヨタも完全復活だが、
 米道路交通安全局NHTSAが、トヨタ車の火災リスク調査を
 140万台に拡大と発表(18日)。
 06年9月~08年8月製造のカムリやRAV4、ハイランダーなどで、
 パワーウインドウのマスタースイッチ辺で、火災か事故が161件、
 負傷9件、死亡0。再び、いやがらせか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3137-95bb9958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。