最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

より良い暮らし指標・2012、Your Better Life Index

経済協力開発機構OECDの
 「より良い暮らし指標・2012、Your Better Life Index」によると
 ・各国の国民の幸福度、11項目
 ・OECD加盟国など36カ国

☆より良い暮らし指標の全体評価
1.オーストラリア、2年連続
  市民参加1位、健康3位、コミュニティ3位
  仕事と生活の調和30位

2.ノルウェー
  生活満足度2位、仕事(失業率)3位、住宅4位
  仕事と生活の調和4位

3.米国
  住宅1位、収入1位、教育19位、市民参加3位、
  仕事と生活の調和29位

4.スウェーデン
  環境1位、市民参加2位、教育3位、安全27位

5.デンマーク
  生活満足度1位、仕事と生活の調和1位、コミュニティ4位

21.日本、昨年19位
  安全1位、教育2位、生活満足度27位、
  仕事と生活の調和34位(週50時間以上働く人が多い)

  健康29位!!(最長寿で、肥満もなく、国民皆保険なのに、
  医療費のGDP比が低すぎるとさ)

34.チリ
35.メキシコ
36.トルコ

★しかし、欧米白人国中心の組織なので、
 重大な格差問題を無視。

 4人もいるOECD事務次長の1人は日本人なのだが。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3112-d320d344
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。