最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

偽ブランド品等・差止状況

財務省の
「平成23年・税関の偽ブランド品等・知的財産侵害物品の差止状況」によると

☆輸入差止件数、2万3280件
1.中国から、   構成比91.2%、2万1235件、1.1%増
2.香港から     同  3.0%、26.0%増
3.フィリピンから  同  2.1%、増減なし
4.韓国から     同  1.9%、22.1%減

★中国からが、計94%!


☆輸入差止点数、72万8234点、15.5%増
1.中国から 55万8522点 構成比76.7%、8.3%増
2.香港から 9万0747点、  同 12.5%、134.3%増
3.韓国から 3万3338点、  同  4.6%、9.8%増

※韓国の構成比が減少、
 18年、44.5%(中国48.2%)
 19年、20.0%(中国71.1%)
 20年、12.4%(中国81.5%)
 21年、 6.8%(中国86.3%)
 22年、 2.5%(中国90.4%)

☆仕出国(地域)別輸入差止価額(正規品とした推計値)
合計     145億円
1.中国    106億円
2.香港     22億円
3.韓国     8億円
4.フィリピン  6億円
5.タイ     1億円
※上記以外の国 2億円

☆同・品目別
1.バッグ類   57億円
2.時計類    36億円
3.衣類     18億円
4.身辺細貨類   9億円
5.靴類      4億円
※上記以外   19億円

☆輸入差止点数
1.偽ブランド品など商標権侵害 56万7107点、構成比77.9%
2.著作権侵害物品       11万6662点、 同 16.0%
3.デザイン模倣の意匠権侵害物品 構成比3.6%

★オセロ中島の自称占い師ではないが、
 中国の社会や慣習は、詐欺や収賄がごく普通。
 性悪説で付き合わないと痛い目に。

 銀座で大量大人買いする中国人、理由は「本物が買えるから」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3065-22e29c2d