FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

死亡率、死亡原因、都道府県別

厚生労働省の
 「都道府県別にみた死亡の状況」によると
 ・平成22年都道府県別年齢調整死亡率
 ・5年毎算出で11回目
 ・年齢調整死亡率は、年齢構成をそろえた場合の10万人当死亡数

☆平成22年・主な死因別死亡数
総数         119万7012人
1.悪性新生物(がん) 35万3499人、29.5%
  肺6万9813人、胃5万0136人、大腸4万4238人

2.心疾患       18万9360人
  急性心疾患4万2629人

3.脳血管疾患     12万3461人
  脳梗塞7万2885人

★約3割がガン。心疾患・脳疾患と合わせ、全体の56%。

4.肺炎        11万8888人
5.老衰         4万5342人

6.不慮の事故      4万0732人
7.自殺         2万9554人
8.腎不全        2万3725人
9.慢性閉塞性疾患    1万6293人
10.肝疾患       1万6216人
11.大動脈瘤及び乖離  1万5209人
12.糖尿病       1万4422人

★超高齢化社会になる。本人の意思次第だが、
 健康に充分配慮しつつ、延命治療は無しで良いのでは。

☆男性の年齢調整死亡率・都道府県別・平成22年
平均   544.3(10万人当)
1.長野  477.3、5回連続最少
2.滋賀  496.4
3.福井  499.9
4.熊本
5.京都

43.大阪
44.和歌山
45.岩手  590.1
46.秋田、 613.5、胃ガン最多
47.青森、 662.4、ガン・心疾患・肺炎・腎不全・糖尿病が最多

★長野はそばだけでなく、野菜摂取量が多い。
 早くから減塩運動も進められた。

 青森は塩分摂取量が多く、喫煙率、飲酒量も多い。

☆男性の粗死亡率(年齢調整無しで、高齢なほど死亡増)
 ・都道府県別・平成22年
1.沖縄、2.神奈川、3.埼玉、4.滋賀、5.愛知
43.青森、44.山口、45.島根、46.高知、47.秋田


☆女性の年齢調整死亡率・都道府県別・平成22年
平均   274.9(10万人当)
1.長野  248.8
2.新潟  254.6
3.島根  254.7
4.福井
5.大分

43.茨城
44.大阪
45.和歌山 294.5
46.栃木  295.7
47.青森、 304.3、ガンが最多

☆女性の粗死亡率・都道府県別・平成22年
1.沖縄、2.神奈川、3.埼玉、4.愛知、5.東京
43.山形、44.山口、45.秋田、46.高知、47.島根

★女性は男性ほどの差は無いが、長野の最少と青森の最多は変わらず。
 やはり、生活習慣か。

☆年次別・年齢調整死亡率の最多都道府県
昭和35年 男女とも秋田
  40年 男女とも秋田
  55年 男は青森、女は栃木
平成07年 男女とも兵庫、阪神淡路大震災の影響
  22年 男女とも青森

★最多は北の秋田から北の青森へ。
 年齢調整後なので、高齢が原因ではない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3058-7f6c47ff