FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の全国映画概況

日本映画製作者連盟の
 「2011年の全国映画概況」によると

☆興行収入
・17.9%減、1811億9700万円(10年は過去最高)
  邦画、16%減の995億3100万円
  洋画、20%減の816億6600万円

☆作品数
・799本
  邦画441本(前年比+33本)、
洋画358本(同+50本)

※上映館の減少
・73スクリーン、東日本大震災で現在も閉館・休館が40スクリーン

☆平均入場料金
・1252円、10年は1266円


☆邦画の興行収入上位作品
1.コクリコ坂から               44.6億円
2.劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ 43.3億円
3.ステキな金縛り               42.8億円
4.SPACE BATTLESHIP ヤマト  41.0億円
5.GANTZ                 34.5億円

6.SP 革命編                33.3億円
7.相棒 劇場版2               31.8億円
8.名探偵コナン 沈黙の15分         31.5億円
9.GANTZ PERFECT ANSWER  28.2億円
10.映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団    24.6億円

※邦画の興収上位10作品中、東宝が9作品

☆洋画の興行収入上位作品
1.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2   96.7億円
2.パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉   88.7億円
3.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1   68.6億円
4.トランスフォーマー ダークサイドムーン   42.5億円
5.カーズ2                  30.1億円

6.ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島 26.9億円
7.塔の上のラプンツェル            25.6億円
8.猿の惑星 創世記              24.2億円
9.ブラック・スワン              23.9億円
10.トロン:レガシー              21.2億円

★震災で、映画どころじゃなかった。
 上位作品のほとんどが、お子様向け。

 2012年はフジテレビが海猿4と踊る大捜査線4を公開。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/3018-f727cf4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。