FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急車

消防庁の
 「平成23年 救急救助の現況」によると

☆救急出動件数、搬送人員
・546万3682件、6.7%増
・497万9537人、6.3%増

☆搬送人員・事故種別
・急病   21万6963人、7.6%増
・一般負傷 4万5419人、7.0%増
・自然災害 69人、22.7%減
・火災   234人、3.5%減

☆都道府県別・救急出動件数・人口1万人あたり
1.大阪 565.0件
2.東京 537.1件
3.高知 483.2件

★各種の最悪地、大阪

☆救助出動件数、救助活動件数
・救助出動 8万4264件、3.3%増
  うち交通事故 2万9015件、全体の34.4%

・救助活動件数 5万5031件、3.6%増
  うち建物等による事故 1万9232件、全体の35.0%

☆消防防災ヘリコプターによる救急出動、救助出動
・救急出動 3938件、6.1%増、過去最多
・救助出動 1959件、3.2%増
・消防防災ヘリコプター、45都道府県に70機配備

☆現場到着までの所要時間
・全国平均 8.1分、前年7.9分

1.富山 6.7分
2.京都 6.9分
3.北海道、石川、福井 7.0分

☆医療機関収容までの所要時間
・全国平均 37.4分、前年36.1分

1.富山、福岡 28.7分
3.香川    29.2分

★緊急医の体制が不足、高齢者比増と、コスト負担が。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2989-6e580418
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。