最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

レジャー白書2011

日本生産性本部の
 「レジャー白書2011」によると、
 ・今年1月、インターネット調査
 ・全国15~79歳男女3728人回答

☆10年の余暇関連市場
・2.1%減の67兆9750億円、8年連続前年割れ

※1996年の90兆9070億円をピークに右肩下がり

・スポーツ部門、1.4%減
  ランニング・スポーツ自転車・アウトドアが堅調
・サービス市場
  ゴルフが伸び悩み、フィットネスクラブは底打ち
・趣味・創作部門、6.3%増
  映画・テレビが好調
・娯楽部門、4.7%減
  パチンコが大きく縮小、公営競技、宝くじ、テレビゲームも縮
  外食はほぼ横ばい
・観光・行楽部門、1.0%増
  遊園地・テーマパークはディズニーのみ好調
  旅行業も上向き、宿泊系で旅館は縮小したが、
  会員制リゾートのリゾートトラストが一人勝ち
  乗用車が減税や補助金で一時回復

★震災と原発の2011は厳しい。

 しかし、リゾートトラスト!?


☆余暇の種目別過ごし方、参加人口
1.ドライブ   6290万人、2年連続首位
2.国内観光旅行 6150万人、
3.外食     6040万人
4.映画     5260万人
5.動物園、植物園、水族館、博物館 5040万人

★数値の信頼度は微妙だが、
 まあ、上位はみんなの共通レジャー。

 ラン、チャリ、アウトドアが伸びたのは
 健康につながるので良しかと。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2866-fc265df8