最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性比率、議員、公務員管理職等

内閣府の
 「平成23年版男女共同参画白書」によると

☆日本のジェンダー・ギャップ指数(GGI)、2010年
・134か国中、94位

☆女性の割合
・国会議員(平成23年4月現在)
  衆議院 10.9%、参議院 18.2%

・国家公務員の管理職(平成20年度) 2.2%

・国家公務員採用者(平成22年度)
  Ⅰ種試験等事務系区分 25.7%、

・国の審議会等における女性委員(平成22年) 33.8%
 同・専門委員等 17.3%

・地方公務員管理職(平成22年)
  都道府県6.0%、政令指定都市9.1%、市区9.8%、町村9.6%

☆地方公共団体の審議会等の委員(平成22年)
  都道府県33.9%,政令指定都市32.4%、市区27.1%、町村23.2%。

・司法分野
  裁判官16.5%、検察官13.6%、弁護士16.3%

★まあ、子育てがあるにしても、
 2~4割はあるべきでしょうか。

 選挙民のせいもあるけど、女性国会議員の
 小池、蓮舫、丸川、谷、猪口、etc
 メルケルやヒラリーとあまりにレベルが...

 稲田朋美氏は頼もしそう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2835-d1100eb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。