FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

仮設住宅の入居、義援金の配布

厚労省の
 「被災7県の仮設住宅の入居数」
 ・9日時点

☆被災7県の仮設住宅の入居数
・1万2077戸、完成数2万7572戸、入居率43.8%

・宮城 5917戸
・岩手 3774戸
・福島 2112戸

★電気ガス水道費等の負担、食料提供打ち切り、通勤通学の不便さ等で低迷。

 特に温泉旅館への仮避難は、暖かい3食に温泉付で、そこそこ快適らしい。
 南三陸町被災者が多数避難する、鳴子温泉の某日夕食は
 豚バラ串焼き、カツオの刺し身、グレープフルーツ、キャベツのお浸し、茶碗蒸し。
 一人暮らしや体調不良の高齢者にはある意味、極楽かも。うーむ。


※民間借り上げ住宅への入居は順調で、
 福島は7月末までに5千戸目標が、6日現在9600戸と目標突破
 逆に仮設住宅入居率は3割


※各県の避難所で暮らす人(10日時点)
 宮城 2万3232人
 岩手 2万1183人
 福島 2万3353人

※毎日新聞6~8日集計の岩手宮城福島33市町村の状況では、
 完成仮設住宅が計2万0225戸、入居済み1万1958戸、入居率59%

 入居率100%は、
  岩手の洋野町、田野畑村、宮古市
  福島の新地町

★仮設住宅より、空き物件借り上げの方が、速く、安く、現実的だった。

 仮設との戸数比率変更は。

 仮設住宅は、政財界やゼネコンの復興利権?

-----------------------------------------------------------

厚労省集計の
 「義援金の総額・3日時点」によると

☆義援金の3日時点総額
・2514億円、

 うち、都道県への送金が、823億円(32.7%)、
 被災者に届いた義援金は、370億円(14.7%)

 宮城県は331億円受け、市町村に307億円送金、被災者に93億円。
 岩手県は102億円受け、市町村に全額送金、被災者に48億円。

★金をアバウトでも速く配らないと(後で精算ありにしても)、
 自力生活をスタートできない。

 被災地元中小企業への緊急融資も。

 家・土地・車・仕事無しの人もたくさんいる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2827-a9414888