FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子の読書に関する意識調査

ソニーの
 「親子の読書に関する意識調査」によると
 ・2011年2月23~24日、インターネット調査
 ・高校生大学生300人と、小中高大の子どもを持つ親300人

☆親の一ヶ月の読書数平均
・理想  4.5冊
・現実  2.4冊

☆子どもの一ヶ月の読書数平均
・理想  5.8冊
・現実  3.2冊。

☆電子書籍端末を使って読書してみたい
・親  36.0%
・子  44.0%

☆新生活(入学)をきっかけに本を
・読みたい子     子51.3%
・読んでもらいたい親 親70.0%

☆親が子どもに薦めたい名作本(青空文庫)
 ※青空文庫(あおぞらぶんこ)は著作権が消滅した日本文学と、
  著作権者が許諾したネット上の電子図書館

1.走れメロス      37.0%
※ この中にはない   36.7%
2.坊っちゃん      36.7%
3.銀河鉄道の夜     32.3%
4.蜘蛛の糸       24.7%
5.こころ        23.7%

6.人間失格       22.0%
7.フランダースの犬   21.7%
8.ガリバー旅行記    21.3%
9.羅生門        19.3%
10.ヘンゼルとグレーテル 17.0%

※答えてもらった名作本の内容を
 ストーリーの詳細まで覚えている 2割
 タイトルか、概要のみ      8割

★高齢者にとっても古典ですからねえ。
 子供に50年以上前の名作というのは
 難しそうです。

 携帯もネットもTVゲームも無く、
 少年マガジンやサンデーが創刊されたばかりで、
 ファッション誌も皆無。
 本と映画の存在感がずっと大きい時代でしたね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2753-a5808df3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。