最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

地方議会の現状

朝日新聞の
 「全国自治体議会アンケート」によると
 ・1月実施。全国1797地方議会すべてから回答

☆首長が提出した議案、4年間平均414本を、
・一本も修正や否決していない「丸のみ」議会 50%
・修正または否決が3本以下          82%

☆議員提案の政策条例
・1本もない無提案議会 91%
・1本以下の議会    98%

★議会は不要か?

 これなら議員報酬がゼロに近い
 ボランティアにしたほうがはるかに良い。


☆議員個人の議案への賛否を明らかにしない非公開議会
・84%

☆行政監視、政策立案、情報公開のすべてが不十分な議会
・653議会

・都道府県議会
 京都、兵庫、広島、香川、福岡

・県庁所在都市の市議会 
 福島、宇都宮、甲府、富山、金沢、和歌山、松江、松山、佐賀、大分、鹿児島


★阿久根市長の言い分が正論!?

 議会は土建屋の巣窟か、利権賄賂まみれで、機能していない。

 政治への無関心と、地元有力新聞の地元財界癒着。



☆議会定数(今年1月1日時点)
・3万6449人。

・都道府県・政令指定市 3979人、8年前から14%減
・市区町村       3万2470人、同41%減

※平成の大合併で、自治体数が03年3200余から1700台に減
 減少幅最大の新潟市は、8年間で13市町村と合併し、
 合計議席314が56に、82%減

 合併しなかった1200議会の削減率は14%

 都道府県別最大も新潟の65%減、
 長崎愛媛広島島根山口大分岡山鹿児島などが50%以上減
 大都市圏は東京4%減、大阪8%減


☆議員報酬の平均月額、1月時点
・32万0132円、8年前の4%減

・都道府県・政令指定市 79万9044円、8年前の3%減
・市区         41万0825円、同5%減、
・町村         21万0381円、同4%減

★河村名古屋市長の
 市議会議員1600万円を800万円に、は当然。
 他に政務調査費660万円もあり、それでも計1460万円は多すぎ。

 地方議員だけでなく、地方公務員も
 地元民間より、はるかに高給。

 地元民間賃金なみに下げるか、
 せめて、地元の商店・飲食店で散財しましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2728-e54c25b3