FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

部屋の温度、寝るときの布団毛布枚数

ウェザーニューズの
 「部屋の温度調査」によると
 ・1月17~19日
 ・同社携帯サイトから、会員1万7431人(男性42%、女性58%)回答

☆いつもいる部屋の温度、都道府県別
平均   19.39℃、0.46℃上昇

1.北海道 21.67℃、昨年から0.12℃上昇
2.秋田  21.38℃
3.青森  20.96℃
4.沖縄  20.43℃
5.東京  20.04℃

43.愛知  17.79℃
44.島根  17.74℃
45.長崎  17.62℃
46.和歌山 17.59℃
47.佐賀  17.37℃

※1月最低気温平均は、昨年比で今年は(2011年1月20日まで)、
 札幌で-1.7℃、東京で-1.4℃、大阪で-1.5℃、
 福岡で-2.1℃、那覇で-1.7℃と、低い。

 北日本ほど部屋温度が高く、西日本ほど低く、
 関東南部も高くしている。

★18度でも15度でも仕事は可能。

 厚着して、エネルギーを節約しましょう。


☆部屋での薄着・都道府県
 半袖+短パン、半袖+長ズボン、長袖+長ズボン、上下長袖+上着、
 上下長袖+厚手の上着、からの5択

1位 沖縄県
2位 北海道
3位 秋田県
4位 青森県
5位 高知・和歌山

43位 鹿児島県
44位 長野県
45位 熊本県
46位 長崎県
47位 大分県

※外気温が低い北日本ほど部屋では薄着で過ごし、
 部屋を暖かくしているところほど薄着。
 部屋温度が低いところほど、部屋では厚着。

 男性よりも女性の方が部屋では厚着が多い。

 10代は、他年代に比べ、「半袖+短パン」が最多で、
 「上下長袖+厚手の上着」が、最少。

★冬に「半袖+短パン」かあ。

 温暖化が、脳や生活慣習にも。


☆寝る時、布団と毛布をあわせて何枚かける・都道府県別
 0,1,2,3,4,5枚以上の6択

全国平均 2.4枚

1.2枚   48.6%
2.3枚   31.5%
3.1枚    9.4%
4.4枚    8.0%
5.5枚以上  2.2%
6.0枚    0.3%

1.岩手 3.22枚、5枚以上が12.9%
2.福島 2.98枚
3.秋田 2.94枚
4.宮城 2.93枚
5.青森 2.86枚、

45.大阪 2.10枚
46.島根 2.06枚、
47.沖縄 1.82枚

※寒いエリアほど布団枚数が多く、
 北海道東北の全てで、全国平均より多く、
 就寝時に暖房を控え、布団で暖かさを保っている。

★1~2枚って、ホテルみたい。
 寝る時の部屋暖房は、喉を痛めない?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2709-56c084a0